京王プラザホテル、開業50周年記念オリジナルラベルのウイスキーボトルを限定販売

マイライフニュース

 京王プラザホテル(東京:西新宿)は、来年6月5日に開業50周年を迎えるにあたり、50周年にちなみ50本限定のオリジナルラベルで用意するウイスキー「Glenfarclas THE FAMILY CASKS(グレンファークラス ザ・ファミリーカスク)」のボトルをホテル内バー・ラウンジで、来年1月1日から販売を開始する。

 今回販売する「Glenfarclas THE FAMILY CASKS」は、甘みと濃厚で芳醇、フルーティーな仕上がりとなっている点が大きな特徴で、万人に愛される味わいとなっていることが多くの消費者に愛される京王プラザホテルのイメージと重なることから選び販売に至ったもの。

 ボトルラベルには開業当時(1971年)のホテルの外観を配し大きな建築物が何も存在しなかった西新宿エリアの様子をはっきりと確認することができる。開業50周年の歴史に思いを馳せつつ、グラスから立ち昇るウイスキーの芳香をじっくりとトワイスアップで楽しむのがおすすめとのこと(トワイスアップ:ウイスキーと常温の水を1対1で混ぜ合わせて飲む方法)。

 「Glenfarclas(グレンファークラス)」はゲール語で「緑の草の生い茂る谷間」を意味し、スコットランド・ハイランド地方スペイサイドで1836年に創業した。清涼な空気と良水に恵まれ、大麦の主産地でもあるこの地は、ウイスキー造りには最適な土地となっている。1865年にグラント家が蒸留所を購入して以来、6世代にわたり家族経営を続けるとともに、伝統的なスペイサイドスタイルによるウイスキー造りにこだわり続ける、現在では数少ない蒸留所とのこと。時代に左右されない信頼の味わいは、世界中のウイスキー愛好家を魅了し続けている。

[小売価格]5万円(税・サービス料込)
[発売日]2021年1月1日(金)

京王プラザホテル=https://www.keioplaza.co.jp/

CATEGORY