ノーリツ、普及価格帯ガスコンロ「Fami(ファミ)」をリニューアル発売

マイライフニュース

 湯まわり設備メーカーのノーリツは、普及価格帯のガスビルトインコンロ「Fami(ファミ)」の手入れ性とデザイン性を向上させてリニューアルし、3月1日から発売する。

 「Fami」は手入れしやすいガラストップを備え、使いやすさと求めやすい価格を両立させたコンロとのこと。今回、ゴトクとバーナーキャップを刷新して、バーナーまわりの清掃性を高めるとともに、天板がすっきりと広く見える印象になった。カバー機能を一体化した“ラックリングゴトク”と、凹凸を抑えた形状で汚れを落としやすいセラミックコーティングを施した“カバーレスバーナーキャップ”を新採用。デザイン性と手入れのしやすさを両立させた。

 また、「Fami」はすべてのバーナーに“低荷重センサー”を搭載した。250g以上の重さの鍋であれば安定して置くことができ、安心して調理ができる。

 「Fami」オートタイプの左右の両バーナーは、コンロ調理タイマー・温度調節機能・高温炒め機能・湯わかし機能を備えており、左右のコンロで同時に便利な調理機能が使えるとのこと。

 また、無水両面焼きグリルのオート調理機能では、焼き網を使って魚を自動で焼くことはもちろん、付属のクックボックス(グリルプレート波型+油はねガード)を使用して、「トースト」「あたため」「焼き魚」のメニュー選択による自動プレート調理が可能となっている。クックボックスを使うと、焼き網に比べて油はねを99.9%カットするため、調理後の手入れも簡単だとか。

 ノーリツは共働き世帯、高齢世帯の増加による調理と後片付けの省手間・時短ニーズに対応し、普及価格帯の製品においても、美味しい食事を手軽に楽しめる豊かな暮らしを提案するとしている。

 ノーリツでは、幅45㎝の2口コンロ「コンパクトタイプ」もリニューアルし、3月1日に発売する。「コンパクトタイプ」は、賃貸住宅など、リビング・ダイニングの空間確保のためにミニマムでありながら使い勝手の良いキッチンの需要に応える商品とのこと。今回のリニューアルでは、新生活様式下における料理機会の増加に伴う“手入れニーズ”の高まりに応えた。天板は、従来のホーロー仕様に加えてガラストップをラインアップし、バーナーまわりは「Fami」と同様に、“ラックリングゴトク”と“カバーレスバーナーキャップ”に刷新して、清掃性とデザイン性を高めた。さらに、従来の左コンロは大バーナー、右コンロは標準バーナーだったが、右コンロを小バーナーに変更したことで“とろ火”による料理が可能となり、火力の幅が広がることでさまざまな料理に対応する。

[小売価格]
Fami オートタイプ
 75cm:16万円~17万6000円
 60cm:15万5000円~17万1000円
Fami スタンダードタイプ
 75cm:14万3000円~15万1000円
 60cm:13万8000円~14万6000円
Fami 2口タイプ:13万円
コンパクトタイプ ブラックガラストップ:11万5000円~13万円
(すべて税別)
[発売日]3月1日(月)

ノーリツ=https://www.noritz.co.jp/

CATEGORY