天然繊維循環国際協会、学校のプランターをコーヒー麻袋と着ない服から作る天然繊維プランターに代えるクラウドファンディングを実施

マイライフニュース

 天然繊維循環国際協会(以下、NICO)は、クラウドファンディングサイト「Zenes」において、「学校のプランターを、コーヒー麻袋と着ない服から作る、地球に優しい天然繊維プランターに代えたい!」プロジェクトを開始した。同プロジェクトは、廃棄されていたコーヒー豆の麻袋と天然繊維の衣服を回収し、土に還せる天然素材100%のプランターを作り、学校のプラスチックプランターを天然繊維プランターに代えていくというもの。UCC上島珈琲をはじめとしたカフェ業界、アパレル企業などがタッグを組んでプロジェクトを立ち上げ、SDGsにもつながるリターン品を多数用意している。

 NICOは、「ファッション業界を元気にする」ことを目的とし、土に還せる天然繊維にフォーカスした協会。今回、全国の学校にあるプラスチックプランターを天然繊維プランターに代え、子どもたちと一緒に環境問題を考えながら、「服育」を広めたいとの想いから、「Zenes」でのクラウドファンディングプロジェクトを実施する。プロジェクトでは、今まで有効活用されずに処分されていたコーヒーの麻袋と衣服をリサイクルして、地球に優しい天然繊維プランターを作り、学校への導入を促進していく。

 生活をする上で欠かせない「衣服」は、実は環境に対してさまざまな負荷をかけているとのこと。環境省が行った調査によると、国内で衣類の原料調達から製造段階までに排出されるCO2量は、約9万㎏(90t)といわれている。これは、東京・大阪間を自動車で25往復するくらいの排出量に匹敵するという。

 消費者が店頭で手に取る一着一着の洋服、これら服の製造プロセスでCO2が排出される。また、原料となる植物の栽培や染色などで大量の水が使われ、生産過程で余った生地などの廃棄物も出てくる。服一着を作るにも多くの資源が必要となるが、大量に衣服が生産されている昨今、その環境負荷は大きくなっているとのこと。

 さらに、大量生産・大量廃棄の問題も挙げられる。衣服1枚あたりの価格は年々安くなり、市場規模は下がっている。傾向として大量生産・大量消費が拡大しているともいえ、衣服のライフサイクルの短期化による大量廃棄への流れが懸念されている。

 服を手放す手段には大きく分けて、(1)リサイクルショップやフリマアプリ等を通じ古着として譲渡や売却すること、(2)資源として、または地域や店舗で回収してもらうこと、(3)可燃ごみ・不燃ごみとして廃棄すること--の3つがあり、現状は可燃ごみ・不燃ごみとして手放される割合が最も高くなっているという。

 NICOでは、このような現実を「服育」を通して、子どもたちと一緒に考えながら課題解決をしていくことを目指している。「服育」とは食育と同様に、日々の暮らしになくてはならない衣服の大切さやその力を知ること、また原料生産から消費後までのあり方を理解すること。中でもNICOは、ファッション業界が多くの課題を抱えているSDGsの目標12「つくる責任つかう責任」を中心に服育活動をしている。

 今回、その一つのツールとして、「天然繊維プランター」を製作した。天然繊維であれば最終的に「土に還すことができる」ため、子どもたちに素材や生産ルートにも興味を持ってもらうことや、再生原料にも注目してもらえるのではないかと考えている。これまでは沖縄県を中心に、天然繊維プランター+服育の授業を行ってきたが、クラウドファンディングを機に、今後は、全国にこうした取り組みを広げていく予定だという。

 クラウドファンディングで集まった資金は、「麻袋を使ったプランターの製作費用」、「リターン商品、配送代」、「子どもたちへの出前授業」、「イベントの実施」で使用し、日本各地で服育を広めていけるように活動していくとのこと。

 今回のプロジェクトについて、渋谷区原宿神宮前商店の早川千秋会長は、「裏原宿を訪れる10~20代も地域貢献や社会貢献に敏感で、SDGsを意識した街に関心がある人が確実に増えていると感じている。私が商店会会長になった昨年6月から、エンジンをかけていろんな取り組みを始めている。昨年秋に立ち上げたウラハラプロジェクトも新しい取り組みのひとつで、ファッション、アート、音楽、スポーツ、食、SDGsなど、原宿にゆかりのある各分野の第一人者が中心となり、動画配信やイベント、商品開発などを進めている。今回の取り組みで地域がよりよくなることを期待している。この原宿地域から成功モデルにし、全国にこの素晴らしい取り組みを広げていくことに全力で応援する」とコメントしている。

 また、沖縄県松島自治会の西平博人自治会長からは、「今回のプロジェクトとのつながりは、地域の人の書き込みが自由な松島自治会掲示板に書かれていた『地域を食べられる野菜でいっぱいにしたい』という1つの声から始まった。地域課題解決事業の多い自治会で、こういった面白い声を地域の未来へつなげる取り組みをやってみたいと考えていた時、このプロジェクトへとつながることができた。今回の取り組みでは近隣地域の高校生や大学生がボランティアとして参加する。地域の声からつながったこのプロジェクトが松島地域と若い人材の明るい未来につながるのではとワクワクしている。未来への取り組みが大きく広がるよう、プロジェクトを心から応援する」とのメッセージが寄せられた。

 なお、クラウドファンディングのリターンとしては、コーヒー愛好家向けリターン品や麻プランターなど、同プロジェクトならではのSDGsを意識したリターン品を多数用意している。

[リターン品一覧]
NICOからのお礼メール:1000円
自宅で作れる天然繊維プランター制作キット+服育動画:1500円
インテリアやDIYにも使えるオシャレなコーヒー麻袋:3000円
小川珈琲 ASUEドリップコーヒー5杯分(ActiveまたはReluxどちらか)+プランター2個寄付:3500円
天然繊維のコーヒー柄のハンカチ+プランター3個寄付:5000円
きものやまとオリジナル、コーヒー染め風呂敷+プランター3個寄付:1万円
野菜好きにはたまらない人気のベジバルーンセット+プランター3個寄付:1万1000円
野草研究家 山下智道さんのハーブのオンライン講演会+プランター3個寄付:6000円
中山コーヒー園の恵みセット 限定50個:1万5000円
沖縄名護市の中山コーヒー園で収穫・焙煎体験!カスカラティーのギフト付き:2万円
バリスタ世界チャンピオン深山晋作さんから学べるドリップコーヒー抽出方法オンラインワークショップ:2万円
菌ちゃん先生の講演会「菌ちゃんのおかげで土も元気!野菜も元気!人間も元気!」参加権:1万円
PAIKAJIアロハシャツ+パイナップル葉繊維マスク+プランター20個を寄付:4万5000円
パイナップル葉繊維のEVISUジーンズ+マスク+ プランター20個を寄付:4万5000円
原宿神宮前商店会 原宿のキャットストリート緑化応援プラン:3800円
【沖縄那覇に設置:広告付きプランター寄付プラン】企業名入り麻袋プランター10個寄付:5万円
【沖縄那覇に設置:広告付きプランター寄付プラン】企業名入り麻袋プランター20個寄付:10万円
【沖縄那覇に設置:広告付きプランター寄付プラン】企業名入り麻袋プランター30個寄付:15万円
【沖縄那覇に設置:広告付きプランター寄付プラン】企業名入り麻袋プランター100個寄付:50万円
(すべて税込)

天然繊維循環国際協会=https://nico3.or.jp/
クラウドファンディングのプロジェクトページ=https://www.zenes.jp/projects/nico-project

CATEGORY