柿安本店、和菓子業態「口福堂」「柿次郎」で「MARUKO&COJICOJI どら焼」夏限定パッケージを販売

マイライフニュース

 明治4年(1871年)牛鍋店として創業以来、150年の歴史を誇る老舗、柿安本店(以下、柿安)の和菓子業態「口福堂」「柿次郎」は、日本アニメーションがライセンス管理を行う、さくらももこ原作の人気作品「絵本 まるコジ」とのコラボレーション企画第2弾として、「MARUKO&COJICOJI どら焼」の夏限定パッケージを7月1日から販売する。

 同商品は「口福堂」「柿次郎」の定番商品である「どら焼」と、幅広い世代に愛されている「絵本 まるコジ」とのコラボレーションで誕生した、スペシャルコラボどら焼とのこと。今春に販売した第1弾が好評だったため、第2弾となる夏限定パッケージを販売する運びとなった。

 同パッケージには、まる子とコジコジが海水浴を楽しむイラストがあしらわれ、ブルーの色合いが涼しげで、暑さが増すこれからの時期にぴったりとなっている。また、三重県産の地養卵を使用し、ソフトでしっとりした食感の皮には、「まる子とコジコジ」の焼印が入り、見た目も可愛らしく仕上げている。さらに、こだわりのつぶあんは、北海道十勝産の小豆を、自社工場で丹念に炊き上げており、ぜひ賞味してもらいたい自慢の一品となっている。

 「口福堂」は、2005年11月に開業した柿安本店の和菓子業態。古くから日本の家庭で親しまれてきた「おはぎ」や「団子」「大福」など、昔ながらの製法を大切に季節に合った和菓子を提供している。量販店やショッピングモールなどに出店し、家庭で気軽に楽しむ和菓子として好評を得ているとのこと。

[小売価格]194円(税込)
[発売日]7月1日(金)

柿安本店=https://www.kakiyasuhonten.co.jp/

CATEGORY