藤田観光、創業140年の老舗旅館「三河屋旅館」を改修し「箱根小涌園 三河屋旅館」として今秋開業

マイライフニュース

 藤田観光は、箱根小涌園(神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平)の隣地にある「三河屋旅館」を取得し、全室ベッドスタイルへの変更や防音、断熱など改修工事を施工後、10月2日に「箱根小涌園 三河屋旅館」として開業する。

 三河屋旅館は1883年(明治16年)創業の老舗旅館で、「中国革命の父」といわれる孫文や画家の竹久夢二など多くの文人墨客が宿泊した箱根でも指折りの名旅館とのこと。国登録有形文化財の「松竹館」を「本館」とし、フロントの他、ラウンジやダイニング、大浴場などの共用スペースを備える。客室は、「本館」に数多の文人墨客が宿泊した客室が4室、「離れ」は専用露天風呂付でそれぞれ趣の異なる和室二間の客室が4室、4階建の「別館」(旧:霞館)は、露天風呂付客室5室、二間続きのスイートタイプ3室、スタンダードタイプ9室と、様々なタイプの部屋を用意している。また、目の前には高い建造物がないため、外輪山に囲まれた静寂の中でゆったりと温泉を楽しむことができる他、徒歩圏内には、つつじや紅葉の名所「蓬莱園」や「箱根小涌園ユネッサン」、「岡田美術館」などがあり、観光も楽しめるとのこと。

 同社は、1948年(昭和23年)に箱根で9室の旅館「箱根小涌園」(現:貴賓館)の開業から観光業を開始した。同旅館は、1918年(大正7年)に藤田平太郎男爵の別邸として建てられたもので、建設当時の上棟式の写真には、近隣の三河屋旅館の法被を着た職人が多数映っているという。古くから縁があったことから、今回同社が事業継承する運びとなった。屋号は小涌谷地区の一体開発を見据え取得した「蓬莱園」に続いて、同社のリゾートブランド「箱根小涌園」を冠した「箱根小涌園 三河屋旅館」として誕生する。事業継承を機に客室は年配の人や外国人も使いやすいベッドスタイルに変更する他、外観を損なわずに防音、断熱効果を向上させるサッシの導入、水回りの刷新など改修工事を行い、歴史ある趣は変わらずに、より快適な滞在を提供する。

 三河屋旅館の敷地は、「箱根小涌園 天悠」と隣接、また国道1号線を跨いで旧箱根ホテル小涌園(跡地は2023年に新ホテル開業)や2016年開業の宿泊施設「美山楓林」と近接しており、湯量豊富なph8.4~8.6の源泉は、箱根小涌園の主力である蒸気井とは泉質なども異なるため、宿泊施設のバリエーションと合わせて顧客の選択肢が広がる。温泉は男女別の大浴場(露天風呂付)に加え、露天風呂付客室が10室、貸切風呂(半露天)が1ヵ所あり、人込みを避けてゆっくりと温泉を楽しみたい人におすすめとなっている。

 中庭は、桜やツツジなど四季折々の美しい景色を楽しむことができ、隣接する「蓬莱園」を部屋から眼下に見ることができる客室もあり、自然に溶け込む眺望に心が癒される。また「蓬莱園」は、大正のはじめ、三河屋旅館の創業者が開いた敷地に約40種3万株のサツキやツツジが植えられている庭園とのこと。見ごろの頃には赤や、紫、白など色とりどりで華やかであり、春は梅や桜、秋は紅葉と、四季折々で様々な表情を見せてくれる。

 夕食、朝食ともに本館のダイニングで用意するとのこと。メニューは「箱根小涌園 天悠」の総料理長が監修した季節の創作料理を用意する。朝食は相模湾や箱根周辺の山海の幸を用いた和定食を提供する予定だ。席は隣と十分な距離を空けた配置となっており、半個室タイプの席の用意もあるという。また、夕食は箱根小涌園リゾート内にある鉄板焼やしゃぶしゃぶを提供する「迎賓館」、寿司・すき焼き会席を提供する「貴賓館」(ともに国登録有形文化財)、箱根小涌園ユネッサン内の各種レストランでの利用も選ぶことができる。

[施設概要]
所在地: 神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷503
交通案内:公共交通 箱根登山バス、または伊豆箱根バス「蓬莱園前」下車0分
     自家用車 敷地内駐車場15台
予約開始:8月1日(土)9:00~ 受付開始予定
専用電話:0465-43-8541(受付9:00~18:00)

藤田観光=http://www.fujita-kanko.co.jp/

CATEGORY