JR九州、クルーズトレイン「ななつ星in九州」の一部ルートを変更し再始動

マイライフニュース

 JR九州は、クルーズトレイン「ななつ星in九州」おいて、8月15日出発分から、列車ダイヤ、立ち寄り駅での観光プランや食事内容等を一部変更し、約5ヵ月ぶりに運転を再開するす。ななつ星の旅を彩る新たな立ち寄り駅での観光プラン、食事施設が決定した。

 1泊2日コースは、2016年熊本地震以来約4年ぶりに鉄路の名所「立野のスイッチバック」を通り大自然の阿蘇まで周遊するコースに変わる。3泊4日コースには、日向灘の絶景を眺めながらのディナー、海、山、里の自然に恵まれた「大分県佐伯市」での観光プランが加わる。地域の人々の温かいおもてなしとともに、出逢いと感動の旅を提供していく考え。

 1泊2日コースの変更ポイントでは、2日目は、阿蘇駅のホームにあるレストラン「火星」での朝食と早朝の散策で爽やかな朝を迎えてもらう。2日目の昼食には、再び熊本の老舗洋食店「洋食の店橋本」が帰ってくるとのこと。昔懐かしい欧風料理を車内で楽しんでほしいという。なお、10月以降、早岐~佐世保間は運行しない。

 3泊4日コース変更のポイントでは、3日目の夕食は、新たに革新的郷土料理を提供し続ける「燠火 Kawaguchi∴& PILAW∴」のシェフ川口雅由氏による、宮崎の幸を車内で楽しんでもらうという。4日目の朝は、新たに佐伯のまちを楽しむ観光プランを予定しているとのこと。4日目の昼食は、「京屋本店」による大分の食材をふんだんに使ったこだわりの「京折詰」を賞味してほしいという。

JR九州=http://www.jrkyushu.co.jp/

CATEGORY