三越伊勢丹HD、「緊急事態宣言」の発出を受け首都圏で営業する百貨店6店舗の営業時間を短縮

マイライフニュース

 三越伊勢丹ホールディングスは、1月7日に政府から「緊急事態宣言」が発出されることを受け、消費者並びに従業員の健康と安全の確保、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、首都圏で営業を行う同社グループの三越伊勢丹の百貨店6店舗において、営業時間を短縮する。

 引きつづき店舗においては感染拡大防止に向けた取り組みを十分行い営業していくとのこと。なお、営業時間短縮の期間は、1月8日から当面の間とし、対象店舗(6店舗)は、伊勢丹新宿本店、三越日本橋本店、三越銀座店、伊勢丹立川店、伊勢丹浦和店、三越恵比寿店となる。

 各店舗のレストランは、基本閉店時間を20時とするが、一部のレストランでは20時以前の閉店時間の場合もあるとのこと。今後、店舗の営業時間に関する発表は各店舗のホームページで行う。

三越伊勢丹ホールディングス=https://www.imhds.co.jp/ja

CATEGORY