ホテル椿山荘東京、6種類の宇治茶の茶葉を使用した「Premium 宇治茶アフタヌーンティー」を開始

マイライフニュース

 ホテル椿山荘東京(東京都文京区)は、庭園の眺望を活かしたロビーラウンジ「ル・ジャルダン」において、1860年創業のお茶の老舗、京都・宇治の「辻利兵衛本店」とコラボレーションした「Premium 宇治茶アフタヌーンティー」を、4月12日から提供する。

 また、ホテルショップ「セレクションズ」では、テイクアウト可能な3種の「宇治茶スイーツ」も同日から提供する。

 日本独自の“お茶(宇治茶)の文化”を後世に伝え続けるべく始まった同企画は、2016年からスタート。毎年消費者から好評を得て、今年で6回目を迎える。今回は、焙じ茶のサバランや玉露のバタークリームケーキなど、厳選茶葉使用のスイーツを用意した。また、アフタヌーンティーに合わせて選んだ、3種の宇治茶とのペアリングも楽しめる。

 玉露、焙じ茶、碾茶(てんちゃ)、煎茶、宇治抹茶、和紅茶の6種の茶葉パウダーをスイーツ、スコーン、セイボリーに使用しているとのこと。

 上段のスイーツは、焙じ茶にシェリー酒のシャンティとカスタードを合わせ、中にはドライクランベリーを入れた大人の味わいに仕立てた「焙じ茶のサバラン」や、すべての層に玉露パウダーを入れ、玉露の味わいを堪能できる「玉露のバタークリームケーキ」など4種類が登場。中段のスコーンは、定番のプレーンスコーンのほか、宇治抹茶と黒蜜のスコーン、焙じ茶のスコーンの3種を用意した。下段のセイボリーでは、宇治抹茶を練り込み、クリームどら焼きをイメージした「抹茶のブリニーと鶏ムースの和風サンド」など、バラエティに富んだ4種のセイボリーも楽しめる。

[Premium 宇治茶アフタヌーンティー概要 ]
期間:4月12日(月)~5月31日(月)
※アフタヌーンティーは、当面の間、完全予約制(前日18時まで)で受付
時間:12:00~L.O.18:00
店舗:ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」
料金:Premium 宇治茶アフタヌーンティー 4950円
   ウエルカムドリンク付き 5500円

[宇治茶スイーツ概要]
店舗:ホテルショップ「セレクションズ」
期間:4月12日(月)~5月31日(月)
料金:苔玉 750円
   宇治茶トライフル 850円
   玉露と黒豆のケーク 4860円
(すべて税込)
予約・問い合わせ:03-3943-7613(9:00~18:00)

ホテル椿山荘東京=https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/

CATEGORY