アパグループ、大阪難波エリアのホテルを買収し「アパホテル〈なんば南 大国町駅前〉」としてオープン

マイライフニュース

 アパホテルネットワークとして全国最大の669ホテル10万3909室(自治体の施行条例に基づき、1秒チェックインに加えスタッフによる予約確認が必要)(海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開する総合都市開発のアパグループは、大阪市の「難波南クリスタルホテル」の取得を決定した。

 同ホテルは、地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」から徒歩1分と「大阪駅」・「新大阪駅」から直接アクセス可能であり、大阪屈指の観光地である難波エリアへのアクセスも至便な立地となる。ビジネスや国内レジャー、さらにはインバウンド(訪日外国人)など幅広い宿泊需要を取り込んでいく。今後、全客室に事務所並みの明るさとなるシーリング照明を設置、BBCワールドニュース無料放映、VODの無料サービス、ベッド寝具をデュベ仕様(高級羽毛布団)への変更などを行い、滞在中の満足度を高め、顧客満足度向上に繋げていく。またフロントには、1秒チェックイン機(アプリチェックイン専用機)を導入予定。アプリチェックイン(事前にオンライン決済し、「アパ直」予約で前日15時から、OTA予約で当日15時からの部屋選択を完了する)を行うことで、当日のチェックイン手続きを大幅に簡素化することができる。同ホテルは、10月29日にアパホテル〈なんば南 大国町駅前〉としてオープンを予定しており、アパホテルが運営にあたる。オープン後は、営業を続けながら、4室の増室工事を行うほかホテル館内外のリニューアルとアパホテル標準客室仕様の導入をさらに進めていく。

 現在、FC、建築・設計中、リブランド予定を含め、大阪市内のアパホテルは26ホテル1万1131室、大阪府下においては29ホテル1万1479室を展開している。また、2025年に開催が決定した大阪万博による需要の拡大を見込み、大阪エリアにおいて大型ホテルの開発に注力しており、アパホテル&リゾート〈大阪梅田駅タワー〉(34階建・全1704室・2023年1月開業予定)の建設工事に着手したほか、アパホテル&リゾート〈大阪難波駅タワー〉(40階建・全2060室・2024年夏開業予定)を建設計画中だという。

[施設概要]
ホテル名:アパホテル〈なんば南 大国町駅前〉
所在地:大阪市浪速区敷津東3-11-8
交通:地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅」・徒歩1分
敷地面積:385.90m2(116.73坪)
建物延床面積:2504.70m2(757.67坪)
構造・規模:鉄筋コンクリート造陸屋根・10階建
客室数・諸施設:全114室・レストラン
オープン日:10月29日(金)

アパグループ=https://www.apa.co.jp/

CATEGORY