第一園芸、8月のおすすめ植物である「観葉・グリーン」フェアを開催

マイライフニュース

 花と緑に関する事業を展開する第一園芸(三井不動産グループ)は、8月のおすすめの植物である「観葉・グリーン」のフェアを、8月4日から第一園芸の全店舗で展開する。

 美しい葉を楽しめる植物を一般的に「観葉植物」と呼ぶ。熱帯や亜熱帯が原産地で、中にはうっそうと茂ったジャングルで日陰に耐える植物も。そんな過酷な環境がベースにある植物のため、直射日光の当たらない部屋の中でも楽しむことが出来るのだという。原産地の過酷な気候から日本の暑い夏でも手軽に楽しむことができるのだとか。8月は気軽に楽しめる鉢植えの観葉植物と、涼し気な緑の切り花のフェアを開催する。暮らしにグリーンを取り入れ、夏の室内を涼やかに演出してみては。

 「インテリアグリーン」各種では、育てやすく人気の観葉植物をチョイスして、インテリア性の高い陶器鉢に植えこんだ。(一部を除く)。コンパクトでありながら存在感抜群の個体を選んでいるので、ぜひ店頭で一期一会のお気に入りを探してみてほしいという。なお、こちらは日本橋三越店、伊勢丹新宿店、ゲートシティ大崎店、東京倶楽部ビル店のみの取り扱いになる。

 「グリーンブーケ S」は、形状の異なる数種のグリーンを束ねたシンプルなブーケ。自宅用にもおススメとなっている。

 「グリーンブーケ L」は、たっぷりのグリーンを涼し気に束ねた。人気のシダや風にそよぐ繊細な植物で、この季節ならではのブーケとなっている。

[小売価格]
インテリアグリーン:3300円~
グリーンブーケ S:1100円
グリーンブーケ L:2200円
(すべて税込)
[発売日]8月4日(木)

第一園芸=https://www.daiichi-engei.jp/

CATEGORY