小田急電鉄と小田急リゾーツ、箱根湯本のホテル「はつはな」をリニューアルオープン

マイライフニュース

 小田急電鉄と小田急リゾーツは、1993年の開業以来初となる大型改装を経て9月11日に、箱根湯本のホテル「はつはな」をリニューアルオープンした。

 新たな「はつはな」のコンセプトは「心と五感が満ちる静かなとき」。よりゆったりとプライベート感を高めた客室や、神奈川の食材を生かしたこだわりの食事を、四季によって表情を変える湯坂山の眺望と須雲川の水音とともに、非日常の贅沢な時間として心ゆくまで満喫できる。

 リニューアルで全室拡張し、自然の温もりをゆったり心地よく感じられる全35の和風モダンの客室には、自家源泉の名湯「美人の湯」の露天風呂を備え、プライベートのなか至福の時間を思うがままに過ごして心を解きほぐしてもらえる。

 館内の温泉は、浴室とパウダールーム、くつろぎスペースを備えた趣向の異なる4つの貸切風呂と、2つの大浴場を新設することで、存分に湯めぐりを楽しめる。なかでも露天の貸切風呂「川音(かわと)の湯」は、景色とお湯が繋がり、大自然との一体感を楽しめる造りとしており、湯上りには冷えた「足柄の水」やビールなどで喉を潤し、ソファーにてくつろぐことができる。

 また、ダイニングやラウンジも一新している。ダイニングでは、「相州牛」をはじめ自然に恵まれた環境で育った地元神奈川の食材を中心に、懐石料理をベースに洋の要素を加えた「モダン懐石」を、ソムリエによるワインペアリングとともに堪能できる。ラウンジには暖炉を新設し、炎の揺らめきとともに美肌効果を意識したオーガニック・デトックスティーを楽しみながら、癒しの時間を過ごすことができる。

 なお、「かながわプラごみゼロ宣言」への取り組みとして、歯ブラシやヘアブラシ等のプラスチック製アメニティを客室に設置せず、環境に配慮した素材のアメニティを必要に応じて販売することとして、消費者と一体になったサステナビリティ活動を推進していく考え。

 宿泊料金は一人1泊2食で4万3000円から、予約は同館公式サイトで受け付けている。

[箱根湯本のホテル「はつはな」リニューアルオープン概要]
施設名:はつはな
オープン日:9月11日(日)
リニューアル後の概要:施設客室13タイプ、全35室全室、温泉露天風呂を完備
チェックイン/アウト:15:00/11:00
料金:一人 4万3000円~ ※1泊2食、1室2名利用時(税サ込、入湯税別)
運営:小田急リゾーツ
施設保有:小田急電鉄
問い合わせ:はつはな 10:00~19:00 TEL:0460-85-7321

箱根湯本のホテル「はつはな」=https://www.hakone-hotelhatsuhana.jp/

CATEGORY