第一園芸、新ブランド「Noriko Shimura」のブーケやアレンジメントを自社オンラインショップ限定で販売スタート

マイライフニュース

 花と緑に関する事業を展開する第一園芸(三井不動産グループ)は、新ブランド「Noriko Shimura」を9月8日から第一園芸のオンラインショップ限定で販売をスタートした。

 ラグジュアリーブランドのパーティー装飾から、帝国ホテルプラザロビー装飾、VIP向けの商品デザインまで手掛ける、第一園芸を代表するフラワーデザイナーの一人である志村紀子氏。

 モットーは、“自分がうけて気持ちの良いサービス”と“ヒールで臨む、凛とした花生けのスタイル”。そこから生まれるエレガントでリッチなデザインには女性ファンも多く、華やかシーンには欠かせない。

 志村氏のデザインの特徴はモダンで都会的な花合わせとダイナミックな色使いだとか。そんな志村氏のデザインに欠かせないものは9cmのヒール。一つひとつの仕事に丁寧に向き合いたい。そのスイッチを入れてくれるのがヒールだという。凛とした姿でそう話す姿は、志村氏の花との向き合い方や信念も感じさせてくれる。

 今回販売するマリポサ(スペイン語で蝶の意味)シリーズは、色とりどりの花が咲き乱れ、月明かりに導かれた蝶が飛んでくるようなナイトガーデンをイメージしてデザインした。ゴージャスに、美しく咲き誇るカラフルな花々をセレクトし、都会の片隅に一匹の蝶が舞い降りてくる奇跡のような瞬間を切りとったブーケやアレンジメントに仕上げている。志村氏のサインタグを付けて届ける。今後は季節に合わせた商品を展開予定となっている。

[小売価格]1万1000円~3万3000円(税込)
[発売日]9月8日(木)

第一園芸=https://www.daiichi-engei.jp

CATEGORY