コールマンの新たなプロダクトライン「コールマングリーンレーベル」、リサイクル生地を使用したティピー型テントを発売

マイライフニュース

ニューウェルブランズ・ジャパン コールマン事業部(以下、コールマン)は、地球の未来を守るためコールマンがすすめる取り組み“コールマングリーンレーベル”を新たに立ち上げた。第一弾として、「ワイドティピー/3025(グレージュ)」「XP ヘキサタープ/MDX(グレージュ)」「ティピー/ST(グレージュ)」を2月から順次発売する。

SDGsに対する認知率が拡大していく中で、地球の未来を守るため、環境配慮素材(再生済み・再生可能な素材)を使用し社内基準をクリアした製品を“コールマングリーンレーベル”として認証している。“コールマングリーンレーベル”の製品は全て環境配慮素材を使用している。

「ワイドティピー/3025(グレージュ)」

ティピー型テント「ワイドティピー/3025(グレージュ)」は、リサイクルポリエステル生地を使用した、ファミリーサイズのティピー型テントとのこと。デッドスペースを少なくするために、インナーテントをフック&ストラップでフライシートと連結して、快適な室内空間を実現した。フロントポールを採用することで前室スペースを確保し、テントへの出入りが快適にできる。さらに、フライシートだけで自立するのでリビングやデイキャンプ時に活躍するシェードとしても使用可能とのこと。

「XP ヘキサタープ/MDX(グレージュ)」

タープ「XP ヘキサタープ/MDX(グレージュ)」は、リサイクルポリエステル生地を使用したファミリーサイズのヘキサタープとのこと。約460×435とサイズが大きくファミリーが快適に過ごせるリビングスペースを提供する。メインのクロスポールとサイドポールを組み合わせることで、自分のスタイルに合わせた形にアレンジ可能となっている。テントとセットアップで使用することで、快適な居住空間を実現する。

「ティピー/ST(グレージュ)」

ティピー型テント「ティピー/ST(グレージュ)」は、リサイクルポリエステル生地を使用した、コンパクトサイズのティピー型テントとのこと。コンパクトながらフロアサイズ230cm×325cmと2人でも快適に過ごせる。前室もフロントポールを採用することで、降雨時にも出入りがしやすい快適な前室スペースを実現している。フライシート上部にはベンチレーション、インナーテント下部には巻き上げてメッシュウィンドウにできる仕様にすることによって効率的な空気循環が可能となっている。インナーテントを外して、シェードとして設営可能なためデイキャンプでも活躍する。

[小売価格]
ワイドティピー/3025(グレージュ):3万9600円
XPヘキサタープ/MDX(グレージュ):2万3980円
ティピー/ST(グレージュ):3万6850円
(すべて税込)
[発売日]2月から順次

コールマン=https://www.coleman.co.jp/

CATEGORY