個性豊かな全18店舗が集結した「福岡大名ガーデンシティ」の商業フロア「福岡大名ガーデンシティ・ビオスクエア」が開業

マイライフニュース

積水ハウス、西日本鉄道、西部瓦斯、西日本新聞社、福岡商事の5社で構成した大名プロジェクト特定目的会社が開発を進めている「福岡大名ガーデンシティ」商業フロアである「福岡大名ガーデンシティ・ビオスクエア」のテナントが決定した。同フロアには、西日本・九州初進出を含むアジアのリーダー都市・福岡にふさわしいファッション、グルメ、カルチャーを体現する個性豊かな店舗が出店する。なお、4月6日に3店舗、6月8日に15店舗がオープン予定となっている。

商業フロア「福岡大名ガーデンシティ・ビオスクエア」のコンセプトは、“街なかで出会うGARDEN GATE”。自然と心地よい賑わいが融合したこの空間では、いつも新しい発見と出会いがある。西日本初上陸の上質でハイクラスなテナントだけでなく、地域居住者、オフィスワーカーの日常使いを想定し、地元・福岡に根付いたテナントまで、多様な一人ひとりが、それぞれのシーンで思い思いに楽しめる、新しいスペースとなっている。

「福岡大名ガーデンシティ・ビオスクエア」は、今後新たな体験価値を創出し、地元や就業者のみならず、国内外観光客からも愛される施設を目指す考え。

1Fフロア「URBAN GALLERY GARDEN RESTAURANT」では、ここでしか体験できない世界感と広場に面した環境を生かしたカフェ・レストランなど、広場と連動で心地よい賑わいを生み出し、新しい情報を発信する。西日本初上陸となるファッションブランド「N°21(ヌメロ ヴェントゥーノ)」や、イタリア・フィレンツェ発のフレグランスブランド「Dr. Vranjes Fukuoka(ドットール・ヴラニエス フクオカ)」、美しく上質なレザーブランド「BONAVENTURA(ボナベンチュラ)」、赤坂けやき通りでひときわ目を引くフラワーショップ「BAROQUE(バロック)」、世界で唯一有名ナポリピッツァの屋号を継ぐことを認められた「Pizzeria Da Gaetano(ピッツェリア ダ ガエターノ)」、国内33店舗のレストランを運営する「HUGE」が展開する「The CRAFT Bar and Grill(ザ クラフト バー アンド グリル)」の全6店舗が入居する。

2Fフロア「FINE DINING PREMIUM LIFESTYLE」では、話題のスポットとなるハイクラスな飲食店など、大名エリアへの新たな“食空間”の提供とオフィスワーカーや近隣住民のプレミアムな日常を支えるサポート機能の充実をはかる。西日本初上陸となる熟成金舌が絶品の焼肉店「福岡焼肉 kintan(キンタン)」や、旬の食材を活かし予約が絶えない人気店「すし笑(スシショウ)」、極上の美味しさを追求した懐石・焼鳥店「米ル/鳥カミ(コメル/トリカミ)」、モダンな雰囲気で昼夜問わず賑わう中華バルの人気店「jiubar FUKUOKA(ジュウバー フクオカ)」、ビジューなパフェや独創的なケーキで全国に熱狂的ファンを持つ「ASAKO IWAYANAGI FUKUOKA(アサコイワヤナギ フクオカ」、ミシュラン・フュージョン部門の星獲得フレンチの新業態「西村や(ニシムラヤ)」、和と洋を融合させた新感覚鉄板焼き「TEPPANYAKI 10 FUKUOKA(テッパンヤキテン フクオカ)」、開放感ある洗練された本格ベトナム料理「ロータスパレス」、TOGOスタイルで、施設内広場でも気軽に楽しめる「Park South Sandwich(パーク サウス サンドイッチ)」、その他、日常をサポートするランチスポットやコンビニエンスストア、歯科医院などの全12店舗が入居する。

一歩足を踏み入れるとここにしかない緑に包まれる特別な時間。緑に囲まれた上質な空間で思いおもいのひと時を過ごす。自然と心地よい賑わいが融合したこの空間では、いつも新しい発見と出会いがある。「心地よい」で大名の景色を変えていく。「福岡大名ガーデンシティ」の商業フロアは、西日本初上陸の上質でハイクラスなテナントだけでなく、地域居住者、オフィスワーカーの日常使いを想定し、地元・福岡に根付いたテナントまで、多様な一人ひとりが、それぞれのシーンで思い思いに楽しめる、新しいスペースとなっている。

[開業日]
3店舗:4月6日(木)
15店舗:6月8日(木)

積水ハウス=https://www.sekisuihouse.co.jp/
西日本鉄道=https://www.nishitetsu.co.jp/ja/index.html
西部瓦斯=https://www.saibugas.co.jp/
西日本新聞社=https://c.nishinippon.co.jp/

CATEGORY