こんなに気持ちいいの初めて♡男が喜ぶ「名器」の特徴とは

恋愛jp

彼氏ともっとラブラブになりたいなら、床上手で彼にとって最高に気持ち良い「名器」の持ち主になりたいですよね。

男性にとって名器女性とのエッチは、とにかく忘れられないくらい癖になるものです。

そこで今回は、男性が喜ぶ名器の特徴について解説していきたいと思います!

(1)噴水

『ローションいらずで最高でしょう』(25歳/輸入)

「噴水」の女性とはどんな人のことを言うかというと、とにかくびしょびしょに濡れやすい女性のこと。

ローションなしでも膣内がヌルヌルになり、男性にとっては挿入しやすいのが魅力的です。

男性女性どちらも痛みは全くないので、彼としても自分の男性器を痛めることなく快感を得ることができます。

(2)ミミズ千匹

『指で触ってもわかるくらいヒダがすごいんじゃっ!』(31歳/企画)

膣のヒダが多い女性のことを、実はミミズ千匹と言います。

ヒダの数が多ければ、陰茎と密着しやすいということですね。

動けば動くほど陰茎を刺激してくれるので、男性も興奮しやすいんだとか。

ちなみに膣内のヒダが豊富にあることをたくさんいるミミズに例えて、こういった言い方になったようです。

(3)数の子天井

『まだ会ったことないですよ……』(28歳/商社)

膣の奥側につぶつぶ突起がある女性のことを、数の子天井と言います。

数の子天井の女性の膣に挿入すると、先端がつぶつぶで刺激されて男性は大興奮するようです。

男性にとって先端は最も感じる場所の一つです。

そこまでたくさんいる「名器」ではないため、このような女性とエッチができれば男性はそれだけで感動モノですね。

(4)おまんじゅう

『あたりがとにかくソフトっ!』(30歳/サービス)

女性器の大陰唇の部分がおまんじゅうのように柔らかいことを言います。

この柔らかさは、まさにふかしたてほやほやのおまんじゅうにそっくりなんだとか。

この大陰唇の部分のボリュームは、男性の挿入時にクッション代わりになってくれると言います。

痛みが少なくなり、柔らかいものに包まれる感触に気持ち良さを抱きながらエッチができるようです。

男性にとって喜びMAXになる名器の女性は、確かにそこまでいるものではありませんね。

残念ながら持って生まれたものもあるでしょう。

ですがもし自分自身がそんな名器に当てはまるなら、その魅力はエッチの時にはぜひ誇っておきたいですね!

(恋愛jp編集部)

CATEGORY