次これしよ♡男が挑戦してみたい「アブノーマル体位」4つ

恋愛jp

エッチの体位の中には、一度は試してみたい体位がある女性も少なくないでしょう。

実は男性にも、女性には言いづらくても試してみたいアブノーマルな体位があります。

今回は、男が挑戦してみたい「アブノーマル体位」について4つご紹介しますね。

(1)着衣のまま対面座位

着衣のままのエッチで、普段とは少し違うひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ベッドをはじめ、椅子やソファーの上でも性急な行為は、そのシチュエーションだけでもお互いの興奮を高めることできます。

また着衣のままの対面座位ならば、アブノーマルな要素もプラスされ、刺激的なエッセンスとなるでしょう。

(2)壁におさえつけて立ちバック

女性を壁と男性との間で挟むような立ちバックは、快感を得るというよりも、男性の征服欲を刺激する体位のひとつと言えます。

その「犯されている感」に思わず興奮を感じてしまう女性も少なくないはずです。

壁際で自由のきかない女性の様子は、男性の興奮もよりいっそう高めてくれるでしょう。

(3)密着しない挿入

最低限の部分のみしか密着させないで挿入する体位は、その結合部をお互いがより見ることができるアブノーマルな体位です。

出たり入ったりする少し卑猥な様子もお互いの興奮を高めてくれるでしょう。

また、よりいっそう相手の肌の質感や温もりが恋しくなるような体位でもあります。

(4)男性の力強さに興奮する駅弁

普段からボディラインを意識している女性ならば、男性に抱きかかえられるシチュエーションに憧れますね。

男性も女性を軽々と持ち上げることができれば、そのシチュエーションに酔いしれることもできます。

そんな二人の理想のシチエーションは「駅弁」の体位がよいでしょう。

アブノーマルな体位を採り入れたエッチは、いつものエッチとはまた違ったスリルや快感を味わうことができます。

そんなエッチを二人で楽しむことで、マンネリやレスの解消や予防につなげることもできますよ。

たまには大切な男性と、赤裸々にアブノーマルな体位について話題にしてみてはいかがでしょうか。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY