妊娠するための基礎知識をつけよう!「妊活」って何?

恋愛jp

【質問者:30代女性】

結婚して2年になります。年齢的にも「そろそろ子どもが欲しい」と考えているのですが、まだ授かりません。最近では“妊活”という言葉を聞きますが、妊活とはどのようなことをいうのか詳しく知りたいです。

●今、働き女子の間で話題の、「妊活」とは?

こんにちは! 今日も小さい娘二人と戯れています、kaeです。

2011年に日経ウーマンオンラインで実施されたアンケート調査でも、今年流行った言葉の第二位に妊活が選ばれました。昨年から今年にかけて、モデルやタレントなどの有名人の妊娠が話題になり、テレビや雑誌などで「妊活」の特集が頻繁に組まれたことで、妊活に興味を持つ女性が増えているのでしょう。

知らない方のために「妊活」とは何かを説明すると、妊娠をするために前向きな活動すること。将来、自然に妊娠しやすくするためのカラダ作りや生活スタイルを整えることです。

えっ? 妊娠なんて、子どもが欲しいと望んで避妊しないでSEXすればできるものじゃないの? と思う方もいるかもしれませんが、実際は妊娠を望んでいても何年もできないという女性が少なくないのです。子どもを作らないための方法(避妊)は知っていても、妊娠しやすくなるための生活については知らない女性が多いということだと思います(私も知りませんでした)。

よく、“35歳までに子供を産んだほうが良い”といいますよね。それはなぜかというと、排卵や妊娠のための女性ホルモンである、卵胞ホルモン(エストロゲン)は35歳を期に減り始め、40代ではさらに減っていくため妊娠しにくくなったり流産の可能性が高くなるとされているからなのです。もちろん、35歳を過ぎていたとしても自然妊娠は可能ですし、近年の医療の進歩により、40代で妊娠することも可能ですよ。

また、若い女性に増えている子宮頸がんも進行状況によっては、手術による子宮摘出により妊娠ができなくなってしまったり、進行が早ければ死に至ることもあります。けれど、子宮頸がんは定期的な健診による早期発見で出産することも可能ながんなのです。

他にも、生理痛も鎮痛剤を服用するなどの症状が重い場合は月経困難症といい、子宮内膜症や子宮筋腫などの不妊に影響する病気の可能性もあります。ですから、定期的に婦人科検診を受け、自身の月経周期や身体の状態を知っておくことも大切な妊活といえるでしょう。

妊娠しやすいかどうかは個人差がありますが、今すぐに結婚や妊娠を希望していなくても、将来子どもが欲しいなぁと思っているのであれば、子どもが欲しくなったときにすぐに妊娠でき、快適に産み育てることができるよう、自分の今の生活スタイルを見直すきっかけになればと思います。

次回、具体的に妊娠しやすいカラダつくりや生活について、お話しますね。

(ライタープロフィール)

kae(夫婦生活専門家)/フリーライター。20代の独身時代は、お酒や雪山、クラブに海外にと寝る間を惜しんで遊ぶために飛び回っていたが、妊娠・出産を期に生活スタイルは一変。食品添加物や加工品を極力減らし、野菜中心の食生活や規則正しい生活になったことにより、妊娠してから現在まで約3年の間、病気知らずの健康体に。二児の母の今では、近所の公園や児童館のみが活動範囲。ちいさな姉妹が寝静まった深夜に執筆するフリーライター。

CATEGORY