仕事と家の往復ばかりの中で、良い出逢いを引き寄せる秘訣

恋愛jp

【相談者:20代女性】

仕事もそれなりに続いていてある程度のキャリアもあり、実家暮らしなので昔からのつきあいの友人もいる為、特に生活に不満はないのですが、毎日が同じで、ときめくような異性との出逢いがありません。ついに恋人いない歴8年になってしまいました。このまま独身街道を突き進んでしまいそうで不安です。

結婚はしたいですし、子どもも欲しいです。ですが、まったく出逢いがありません。恋人がいる人はどのようにして出逢ったのでしょうか? これからどのようにして出逢えばよいのでしょうか?

●A.「出逢いがない!」という思い込みを捨て去る!

はじめまして。ガールズライフセラピストのおかの真衣です。

何年も恋人がいないと、寂しさを通り越して将来に対して不安になってくるものです。そして、毎日仕事と家との往復で日々の生活に変化を感じられない人も少なくないはずです。

休みの日の前日等に友人とひたすら飲み明かしてしまうことが、唯一の楽しみになっている方も多いです。時には大切ですが、繰り返していては身体を壊してしまうという結果になってしまいます。

日々不安やマンネリばかりを感じていると、思考がそればかりになり、ちょっとした生活の中の「楽しい」や「嬉しい」、「ときめき」に対しての感覚が鈍くなってきてしまいます。出逢いがないというのは、そうしたあなたの思考が勝手に作り出した幻想です。出逢いがないという思い込みは捨て去ることが大切です。

そのように理解していても、なかなか「思い込み」は捨て去れないものです。また、あなた自身が、「出逢いがないのは思い込みではなく、現実的にそうなんだ」と思っている以上は捨て去ることは難しいです。そういった考えも、あなたが勝手に作っている思い込みであり、幻想なのです。「まったく出逢いがなく不安な自分」という幻想よりも、「小さな出逢いに気づき不安のない自分」という現実のほうが良いのではないでしょうか?

思い込みを捨てる方法として、部屋などのの掃除がおすすめです。または会社のデスクやロッカーなど、日々あなたが使う場所をいつも以上に片づけをすると、頭の中もすっきりします。心にも余裕が生まれます。心の余裕は新しい考え方を取り入れやすい時です。すっきりとした身の回りやきれいに磨かれたデスクなどを目の前にすると、気持ちは「楽しい」「嬉しい」「すっきり」になります。そういった時に自然と思い込みは捨て去られており、または忘れ去られていて、新たな、「楽しい」「嬉しい」という考え方をあなたの中に取り込もうとしてくれます。考え方もすっきりしたシンプルなものになってきます。

●身体や心のデトックスを行い、出逢いを引き寄せる!

不安を感じるのは、心と身体のデトックスができていないからです。そのような状態でお見合いや婚活パーティー、合コンに参加しても良縁に結びつかせるのは難しいことです。結局、何かしらの不安の種を見つけてしまうからです。

できれば毎日、玄米とお味噌汁を基本とした食事を心がけてください。最低でも30回以上噛んでください。こうすると食べ物の味をしっかり感じることができるので、非常に感謝の気持ちがこみ上げてきます。消化も良くなるうえに、頭の中の思い込みも少しずつ消化されていきます。

腹8分目を心がけてください。根菜類など季節のお野菜とバランスよく食べてください。できる範囲でかまわないので、こつこつ続けることがあなた自身に少しずつ変化をもたらします。

また、下半身を冷やさぬように毎日最低でも、20〜30分は半身浴をしてください。みぞおちから下までに湯をはり、37〜38度ほどのぬるま湯で、腕は外に出してつかることが大切です。汗がじんわりでてきて、身体だけでなく、心もスッキリとすることでしょう。

毎日こつこつ続けることで、あなたに変化と自信をもたらし、誰かが良縁話しを持ちかけてきたり、あなたのことを気にかけてくれる異性が現れるかもしれません。毎日のなかにできることを少しずつ取り入れて、こつこつ続けていく事が素敵な出逢いをもたらすきっかけになることでしょう。

(ライタープロフィール)

おかの真衣(ライフバランス専門家)/ガールズライフ・セラピスト。高校在学中から、デザイナーズブランドをメインとしたセレクトショップで働き、販売、仕入れ、MD、の仕事をする。パリコレクションシーズンでのバイヤー研修、及び、パリ プレタポルテ・コレクションブランドの国内初のインスタレーションの開催に携わらせて頂き、表現に限界はなく、人間にとって大切なコトは“表現と自由”にあることを肌で感じる。同時に、女性客が中心のお店で、述べ20000人の20代〜30代女性を接客していく中で、様々な悩みを抱えていることに気づき、人々の悩みの根源は”食”と”生活習慣”にあるのではと感じ、自身もワーカホリックな生活から、一変、食の学びを深め、マクロビオティックス・コンシェルジュ等の資格を取得し、実践していくことによって、様々な心身の不調が改善され、マイナス11キロの減量にもつながった。20代女性の人が、おしゃれに、より楽しく、幸せに生きていける様な提案を、“les perles de sagesse(レ ペルル ドゥ サジェッス)”女の子の知恵袋をテーマに表現している。

CATEGORY