断っても嫌われない。モテる女性が使う「電話」のかわいい断り方

マイナビウーマン

LINEを使って相手の心をつかみたい、相手と円滑にコミュニケーションを取りたい、と思っても、なんて送ればいいのか悩む女性も多いはず。

そんな時に使えるLINEのテクニックを、恋愛コラムニストのTETUYAさんに男性目線で教えてもらいます。

今回は「相手を不快にさせない上手な電話の断り方」です。

電話が苦手な人は男女共にいる。

僕も苦手なほう。

理由は、電話の切り際が難しいから。

勝手だけど最後は自分から切りたいタイプで、先に切られると寂しくなる……。

 僕だけ?(笑)。

電話で話すくらいなら直接会って話したいと思ってしまう。

僕みたいに、電話が苦手な人や、実家暮らしで電話がしづらい人がもし気になる人から「電話しよう」と言われたらちょっと困るよね。

そんな時に使える“断り方”を男性目線でアドバイス。

男性からすると、理由もなく、あまりにも電話で話すことを拒絶されると、脈無しだと思い込んでフェードアウトしたくなる。

また、最も傷つく理由は、「眠いから」。

これは一番言っちゃダメ(苦笑)。

言われた男性は「俺に興味ないの?」と心の中で思ってしまう。

だからこんな感じがいいと思う。

電話を断る理由にうそを並べても、毎回は厳しいし、そのうちつじつまが合わなくなってくる。

だからここは正直に、「電話が苦手」「実家暮らしだから話しづらい」などの理由を伝える方が、男性からすると腑に落ちる。

ただ、それだけだとネガティブな印象しか残らないし男性のテンションは下がっちゃうので、ポジティブなこともセットで伝えることを忘れないで。

ここでいう、「電話はできないけど、直接、会って話したい」みたいに。

このリカバリーがあれば、男性も間違いなくうれしい。

そもそも、「電話で話したい」と言ってくる男性は、間違いなく君に対しての熱量は高い。

だから、「会いに来て」と言えば会いに来てくれる男性は多いと思うよ。

(TETUYA)※画像はイメージです。

CATEGORY