片想いの彼に「おめでとう。」誕生日にLINEを送る時のポイント

恋愛jp

今回は、誕生日LINEを送る際に絶対におさえておきたいポイントをご紹介!

どんなLINEを送れば、気になる彼をときめかせることができるのでしょうか。

片想い中の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(1)大前提は短文

『ポエムみたいなLINEがくると、いくらお祝いしてくれててもサムいと思ってしまう』(28歳/営業)

誕生日のLINEは、短文で完結させることがベスト!

彼を心からお祝いしたいという気持ちはわかりますが、ダラダラとまるでポエムのようなLINEは男性ウケが非常に悪いです。

3行程度を基準にして、自分の気持ちを上手に伝えましょう。

(2)日付が変わった瞬間に送るのはNG

『日付が変わるまで待ってたって重くない……?』(27歳/飲食)

どうせだったら日付が変わった瞬間にLINEを送りたいという人も多いのではないでしょうか。

たしかにこのタイミングのLINEに喜ぶ男性もいます。

しかしそれを上回り「迷惑」「重たい」という意見が圧倒数を占めていました。

朝やお昼時の誕生日LINEは好感を得ていたので、日付が変わる瞬間は避けた方が無難なのかもしれません。

(3)積極性を見せたいならハートマーク

『誕生日のLINEでハートマークが送られてくるとドキッとしちゃいます』(26歳/サービス)

女性からハートマーク入りのLINEが来たら嬉しいという意見は、非常に多く挙がっています。

それが誕生日という特別な日であれば、もはや意識してしまうのが必然だといえるでしょう。

しかしハートマークは使いすぎると重く受け止められがちです。

連続して使ったり一行に1つ入れたりすることは避けて、彼にあなたの想いを届けましょう。

(4)締めくくりは心遣いのある一言

『締めの心遣いのある一言が凄く嬉しい』(29歳/コンサル)

誕生日LINEは、心遣いのある一言で締めくくりましょう。

「〇〇君にとって最高の1年になりますように」などが、使い勝手もいいのでオススメです。

彼をキュンとさせて、2人の仲を一気に進展させちゃいましょう。

誕生日に送るLINEは、こだわりすぎずシンプルで攻めるのがベスト!

素直に嬉しいと感じさせることができれば、自ずと2人の距離は縮まるはずです。

素敵なLINEを送って、今後の関係に弾みを付けていってくださいね。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY