本当は我慢しているだけ!男が実は嫌がる「夜の勘違いプレイ」4つとは?

恋愛jp

エッチの時、「それ、あんまり気持ち良くないけど……」って思うプレイをされたことありませんか?

しかし「気持ち良くないよ」と相手に伝えることは難しいですよね。

女性同様、男性も同じように感じているプレイがあります。

そこで今回は、男が実は嫌がる「夜の勘違いプレイ」を4つ紹介していきます。

(1)積極的に攻める

『あまりにも積極的すぎるのは引く……』(26歳/マーケティング)

「まぐろ女」は嫌がられるからと、積極的に攻めすぎるのもNG。

もちろんある程度回数を重ね、お互いの好みがわかっているならアリ。

しかし最初から積極的に攻められると、肉食系?エッチ好き?経験豊富?など勘繰られるもの。

エッチの時、女性に恥じらいを求めている男性も多いので、最初から積極的に攻めすぎないように注意しましょう。

(2)バキュームフェラ

『吸う力が強すぎて痛い……』(27歳/営業)

口の中を真空状態にして吸い付きながらフェラをする、バキュームフェラ。

男性にとって気持ちいいフェラですが、強さを間違えると苦痛でしかないので、経験が浅い人には難しいフェラです。

強さの度合いは人それぞれなので、強ければ気持ちいいわけではなく、ただ痛いだけのフェラになります。

ソフトフェラを好む男性も多いので、ムリをしてバキュームフェラをする必要はなさそうです。

(3)性感帯

『乳首触られてもくすぐったいだけで気持ち良くないんだよね』(25歳/建築)

性感帯は人によって違いますよね。

乳首が性感帯の男性も多いですが、まったく気持ち良くない、むしろ苦痛と感じる男性もいます。

耳や首筋も同じなので、性感帯と決め付けて愛撫することは勘違いプレイ。

彼の反応を見ながら、愛撫をしていくようにしましょう。

(4)大きい喘ぎ声

『喘ぎ声が大きすぎると気になって集中できない』(27歳/企画)

大きい喘ぎ声を出したほうが興奮すると思っているなら、それは勘違いプレイ。

喘ぎ声も人によって好みが違います。

とくに隣近所に聞こえるほどの喘ぎ声を出されると、気になってエッチに集中できないもの。

押し殺した喘ぎ声が好きという人もいるので、ムリに大きい喘ぎ声を意識しなくても自然に任せてみて。

エッチは2人で気持ち良くなることなので、一方的な思い込みのプレイはNG。

彼の反応を見たり、彼に聞いたりしながら、愛撫するようにしましょう。

たとえ元カレが悦んでくれていたプレイであっても、今カレが気持ちいいとは限りませんよ。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY