燃える恋♡…上手な「ロミオとジュリエット効果」の使い方って?

恋愛jp

ロミオとジュリエットをご存知ですか?

シェイクスピアによって作られた作品で、対立していた家の間に挟まれた二人の男女の恋を描いたものです。

それになぞらえて、なんらかの障害があって生まれる恋の心理的効果には、ロミオとジュリエット効果と名付けられています。

今回はそんな恋を一層深めるロミオとジュリエット効果についてご紹介します。

(1)障害とは?

ロミオとジュリエット効果は、先程もご紹介したように、劇内容になぞらえて何か障害があるような恋によって生まれる効果です。

では障害とは何か?

わかりやすいもので言えば、不倫や略奪愛でしょう。

典型的な障害と言えます。

後は遠距離恋愛などがあげられます。

(2)障害は自分で作れる

不倫や略奪愛、遠距離恋愛などはハードルが高いと感じることでしょう。

不倫などはあまり推奨されるべきものではありません。

最悪の場合、多額の慰謝料を支払うことにもなります。

でも障害は自分で作ることができます。

作り方はとても簡単です。

次にご紹介します。

(3)共通のゴールと明確な障害

まず二人が付き合っていることやお互いに好きということが分かっている状況が大切です。

二人で一緒になりたいなぁというゴールを、二人が共通で持っていることが大切。

共通のゴールを設定したら次は障害です。

これは不倫などではありません。

言葉で障害のある環境を作り出す事ができます。

(4)「〜。無理そうなんだよね……」

無理そうという言葉を使うと簡単に障害を作ることができます。

無理「そう」ということで、超えられる可能性を感じさせます。

「とても会いたいんだけど、無理そう……」と言われると、相手は「なぜ?」となるはず。

そこから理由を話せば「その理由が障害」となります。

相手もあなたのことが好きであれば、その障害をどうにかして一緒に越えようとします。

これで簡易的なロミオとジュリエット効果を使えたことになるのです。

お互いになんとか障害を越えようと育む愛は、恋愛感情を一層深くします。

ぜひ試してみてください。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY