この子ナシかも…男が一気に冷める「LINEのNG返信」とは

恋愛jp

せっかくLINEで男性と仲良くなりかけたのに、急に相手からの対応が冷たくなってしまったことはありませんか?

何気ない気持ちで送ったメッセージが引き金になっている可能性があるのです。

今回は男性が一気に冷めてしまう「LINEのNG返信」をご紹介していきます。

(1)寝ている時間帯

『いくら気軽に送れると言っても、夜中の1時過ぎたら迷惑だよ』(31歳/公務員)

夜になかなか寝付けないと、スマホを弄ってしまうこともあると思います。

そして、スマホを弄っているとLINEを送りたくなることも。

そのままの流れで衝動的にLINEを送ってしまうのは一旦ストップしましょう。

寝てる時間にLINEが届いて着信音で目覚めてしまったとしたら、男性の気分を害してしまう可能性が高いです。

相手がどんな状況か分からないラインだからこそ、慎重にマナーを守った時間帯に送信するようにしましょう。

(2)ごちゃごちゃした内容

『なんか質問がたくさんだったり、繋がってない文章だったり、一回読んでパッと返信できないのはスルー対象』(28歳/輸入)

長文になったり、複数の話題を同時に送ったり、要点がわからない文章だったりすると、男性をイライラさせてしまいます。

何を伝えたいのかはっきりさせて、わかりやすいLINEになるようにしましょう。

そもそも男性は簡潔な文章を好む傾向にあります。

返信しにくいLINEだとそのまま既読スルーになってしまうこともあるでしょう。

(3)連続で送る

『あとで送ろうと思ってたのにまた来てると萎える……』(25歳/サービス)

相手からの返事が来る前に連続でLINEを送ってしまうのはNG。

そもそも返信が来ないのであれば、相手には何らかの事情があります。

ふとした時にLINEを見てたくさん通知が溜まっていると、一気に気分が萎えてしまうでしょう。

女性側としてはそれぞれのメッセージに理由があるとしても、連続で送るとしつこい催促だと思われます。

(4)温度差が激しい

『なんかハイテンションすぎてついていけない』(32歳/映像)

コミュニケーションは同じ温度感であることが大切です。

男性の方が淡々とメッセージを返しているのに対して、女性側だけ絵文字やスタンプ満載の明るい内容になっていることがありませんか?

もしかすると、温度差が生まれているかもしれません。

基本的には相手のテンションより少し明るいくらいの返信を心がけましょう。

片方だけが盛り上がると取り残された気分になってしまいます。

男性の気持ちが離れてしまう瞬間というのは一瞬です。

特にLINEはデータとして残ってしまうので、取り返しがつかなくなるリスクがあります。

一つ一つのメッセージを考えて送るようにしましょう。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY