待ち合わせから引いちゃう!女子が「やってはいけない秋ファッション」

恋愛jp

立っているだけで汗がたれる暑い季節が終わり、次にやってくるのは涼しい秋。

しかも、秋ってお洒落したい気分になっちゃいますよね。

しかし、お洒落のつもりが空回りして最悪なファッションになっている恐れが……

ここでは、「待ち合わせから引いちゃう!女子がやってはいけない秋ファッション」についてみていきましょう。

(1)レオパード柄だらけ

『マフラーもブーツもヒョウ柄だらけって……もはやヒョウ(笑)』(25歳/広告)

レオパード柄、いわゆるヒョウ柄は、秋や冬には大活躍する柄。

街中には、レオパード柄のモコモコ素材など、かわいいアイテムがたくさん売られています。

レオパード柄アイテムは、ワンポイントとして、コーデに取り入れるのがおすすめなのですが……気づいたら全身レオパード柄だらけで動物のようになってはいませんか?

それでは、彼も一目見たときから、ドン引きしちゃうので気を付けましょう。

(2)レトロ感

『なんとなく昭和の匂いがしちゃう……』(31歳/営業)

秋はレトロなファッションも人気です。

マスタード、ボルドーなど、色もこってりとしたレトロ感ある色が秋らしいですよね。

しかし、そのレトロファッション、男性ウケはどうなのでしょうか。

あまりにもレトロ感を全面にだしてしまうと、古くさく、ただの時代遅れのファッションになってしまいます。

さりげなくレトロコーデをすることが、ポイントですね。

(3)ロゴスウェット

『部屋着にしておいたほうがいいかな、それは』(27歳/美容師)

肌寒くなってくると、スウェットは必須という人も多いはず。

楽チンだし、暖かいし、万能ですよね。

しかし、ロゴスウェットは避けるのをおすすめします。

スウェットということだけでもカジュアル過ぎてしまいますが、そこにロゴがはいってくると幼さも加わり、NGファッションとなってしまうかも……。

(4)ショートパンツにタイツ

『なんかチグハグじゃない?』(29歳/人事)

ショートパンツは夏の定番ですが、秋には不釣り合い。

「じゃぁ、タイツ履けばいいじゃん」という人もいるかもしれません。

しかし、ショートパンツにタイツという組み合わせこそNG。

きっと、その組み合わせは、男性からすると理解不能のはずです。

「そこまでしてショートパンツを履きたいのか?」と思われてしまいます。

秋は、日中も過ごしやすくなるので、お洒落にも気合いがはいるはず。

秋らしいコーデを見極めて、自分のコーデに取り入れ、ファッションを楽しみましょう。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY