絶対しないで!「彼氏とケンカの時」にやってはいけない行動4選

恋愛jp

どんなに仲のいい恋人同士にも喧嘩はつきものです。

万が一喧嘩がヒートアップしたときに、気をつけてほしいことがあります。

今回は「彼氏とケンカの時」にやってはいけない行動について、4つご紹介します。

(1)他の男性との比較

『他の男と比べられるようなこと言われると、もうそっちと付き合えよって思う』(27歳/建築)

喧嘩中は、彼を他の男性と比較してはいけません。

とくに「〇〇君ならそんなこと言わない」など、男友達の引き合いは彼からの心象は最悪です。

「別れたくない」「仲直りしたい」という思いが少しでもあるならば、他の男性の話は控えましょう。

(2)彼の家族を悪くいう

『どんなにケンカしてても家族のことを悪くいうような人はムリだわ』(26歳/営業)

喧嘩中、実は意識せずとも彼の家族に対して口を出していることがあります。

よくあるのが「一人っ子だから」「末っ子だから」といった内容で彼を責めてしまうことです。

男性にとって心象はかなり悪く、交際関係に終止符をうちかねないNGワードです。

どんなに腹がたっても、彼の家族の話題は絶対に避けてください。

(3)匙を投げる

『きちんと話し合おうとしない子とはこの先やっていけない』(27歳/マーケティング)

口論中に「もういい」と匙を投げてしまうことは、なんの解決にもつながりません。

匙を投げてしまえば、その場の口論は一旦終息しても、お互いにもやもやとしたしこりが必ず残ります。

口論中「その場にいたくない」と思った際は、「ちょっとごめん」と少しだけ席を外し、一旦頭を冷やすことをお勧めします。

(4)別れをほのめかす

『ケンカの勢いで別れ話なんて最悪』(28歳/人事)

どんなに腹がたっても、とっさに口をつく「別れよう」というワードは絶対にNGです。

売り言葉に買い言葉で、「じゃあ別れよう」という話の流れになってしまうと、男性も女性も引き下がれず、結果お互いの首をしめる結果をまねきます。

頭に血が上っていると、自身で思ってもいないことを言ってしまうものなので、意識して気をつけましょう。

ささいな喧嘩でも、破局に繋がってしまう可能性は大いにあります。

そうとはわかっていても、「私からは謝りたくない」と思うこともたくさんあると思います。

そんな時は「謝る」「謝らない」ではなく、「仲直りしたい」という思いを男性に伝えるといいでしょう。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY