「彼に嫌われる」甘え方と「メロメロにさせる」甘え方の違い4つ

恋愛jp

恋愛をはじめたら絶対に彼に甘えたい♡と思うはず!

しかし甘え方によってはふたりの間に亀裂が入ってしまうことも……。

今回は「彼に嫌われる」甘え方と「メロメロにさせる」甘えかたの違いを4つご紹介していきます。

(1)強引なワガママは嫌われる甘え方

『自分のことばかり考えてるようなワガママは嫌ですね』(26歳/建築)

強引なワガママは男性から嫌われる甘え方。

「私の意見を通したい!」という思いは、ふたりの関係の中では厳禁な考えです。

恋愛は二人でするものなので、必ず相手のことも考えるのがマナーですよ。

それでも自分の事ばかりになってしまって空いて相手にもそれを求めると、男性は嫌になってしまいます。

(2)八つ当たりするのは嫌われる甘え方

『八つ当たりされるとウンザリする』(27歳/飲食)

八つ当たりをするのは嫌われる甘え方です。

「八つ当たりは甘えなの?」と思われるかもしれませんが、これは完全に甘えですね。

自分の機嫌を自分で取れずに、相手をサンドバッグにして楽になろうとしているのです。

それを行っていては、彼からの信頼を得られなくなってしまいます。

(3)相手の得意なことをお願いするのはメロメロにさせる甘え方

『得意分野で頼られると嬉しい!』(29歳/建築)

相手の得意なことをお願いするのは、彼をメロメロにさせる甘え方です。

相手の得意なことを可愛くお願いすると、男性は嬉しくてあなたのために頑張ろうと思ってくれます。

彼の好きなこと、得意なことを知っていたら、それをお願いするようにしましょう。

(4)頼むのは当たり前ではないのがメロメロにさせる甘え方

『きちんとお礼を言ってくれると嬉しいですね』(28歳/サービス)

彼にものごとを頼んでも、それか当たり前でないのメロメロにさせる甘え方です。

駆け引きのように男性に頼りっばなしにすることは、一時的にはうまく行くでしょう。

しかし長いこといい関係を保つには、駆け引きではなく信頼や尊重が大切です。

なので彼に何かを頼んだら、しっかりと感謝の念を示すようにしましょう。

彼に嫌われる甘え方は、彼の事を考えずに自分のことばかりを考えている甘え方です。

なので彼の事を考えて、2人のコミュニケーションをしっかりと円滑にするための甘え方をしていきましょう。

2人で素敵な恋愛LINEを送ってくださいね。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY