エッチの最中に彼に【してほしいこと】を伝える方法

恋愛jp

エッチをしている時、彼が自分のしてほしいことを全然してくれないと、もどかしく思ってしまいますよね。

しかし自分からは恥ずかしくて、なかなか言い出せない方もいるのではないでしょうか。

そんなウブで恥ずかしがり屋な女性でも、彼にしてほしいことを上手におねだりできる方法をお教えします。

(1)自分で触って示す

『触ってほしい場所を自分で触って教えてくれると興奮しますね』(27歳/建築)

自分がしてほしいことや場所を伝える時、エッチな単語を使う必要があって女性には言いづらいと思います。

そんな時は触ったり舐めたりしてほしい場所を自分で触りながら、「ねぇ、ここ……」と恥ずかしそうに言ってみましょう。

彼にあなたのしてほしいことを察してもらえる上、自分で触っている姿によって興奮までも与えられます。

(2)自分が彼にした後におねだりする

『彼女がたくさん舐めてくれた後におねだりされたら、張り切って応えます!』(28歳/IT)

彼にアソコを舐めてほしいという場合は、まずは自分から彼にしてあげましょう。

その後で「私にもしてほしいな」と、可愛くおねだりしてみてください。

自分がしてあげた後ならば、自然な流れで彼にもお願いしやすくなります。

(3)自分の性感帯を伝える

『彼女が気持ちいい場所を教えてもらえたら張り切っちゃいますね!』(27歳/飲食)

「これをして」と直接お願いするのではなく、まずは自分が感じやすい場所を彼に教えてみましょう。

「私、ここが感じやすいの」と言われて、「あぁ、そうなんだ。」だけで終わる男性はまず居ないはずです。

男性は女性を気持ちよくさせてあげたいと思っているものなので、女性の性感帯さえわかれば、その場所を重点的に攻めてくれるようになります。

(4)彼の耳元で要望をささやく

『耳元でささやきながらおねだりされると興奮する』(29歳/販売)

エッチな要求をする時に、相手の目を見て伝えるのは恥ずかしくて、おねだりし慣れていない女性には少し勇気がいるものです。

彼の耳元で要望をささやけば、顔を見られない分恥ずかしさも少しは軽減できます。

ただ顔を隠して言うよりも、耳元でささやかれた方が男性は興奮するためオススメです。

男性は、彼女がエッチの時に自分にしてほしいことがあるのならば、きちんと伝えてほしいと思っています。

ストレートに伝えるのが恥ずかしいという女性も、上記の4つの方法でうまくおねだりしてみましょう。

思い切ってしてほしいことを伝えれば、彼とのエッチをもっと楽しめるはずです。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY