初めてでも怖くない!上手な「セックスの心得」4つ

恋愛jp

セックスがはじめてだったり、経験が少ないと、セックスに対してさまざまな心配をしてしまうことも。

今回は、セックス初心者に向けて、上手な「セックスの心得」を4つご紹介していきます。

安心してセックスに臨むための、参考にしてみてください。

(1)初心者であると伝えてOK

『経験がないって伝えてもらっても別に嫌じゃないし、むしろ自分がはじめてなんて嬉しいよ!』(26歳/広告)

はじめてや経験が少ないといった事実を、男性に伝えるのは、全然OKなこと。

むしろ自分が初体験の相手になれることを、男性は嬉しく思うはずです。

もし伝えて動揺したり嫌がる男性なら、包容力のない男性であるだけで、女性の問題ではありません。

正直に伝えることで緊張がほぐれ、優しくセックスしてもらえるメリットもありますよ。

(2)避妊はしっかり

『基本中の基本だと思うけど、避妊はしっかりしなくちゃね』(28歳/コンサル)

はじめてセックスすると「性病にならないか」や「妊娠しないかどうか」がとても心配になるもの。

心配しながらのセックスだと、なかなか集中できずに気持ち良さが半減します。

不安要素を無くすためにも、避妊はしっかりと行いましょう。

もしピルを飲んでいたとしても、コンドームも併用した方が各段に安心できますよ。

(3)最初からムリしない

『ムリにあれこれしようとしなくていいよ』(27歳/サービス)

はじめてのセックスはムリをしないことが大切。

経験値の無さやテクニックの無さよりも、一番必要なのは気持ちです。

彼のことが愛おしくてたまらない。

セックスすることで近くなる心の距離が嬉しい。

この気持ちで頭の中をいっぱいにして、素敵な時間を過ごすことを目的にしましょう。

(4)感覚に集中する

『気持ちよくなってほしいから気持ちよさに集中してほしいかな』(28歳/公務員)

セックスの時に感じる気持ち良さは、とても繊細な刺激から成り立っています。

そのためまずは自分の体の中の感覚に集中することが重要。

わずかな気持ち良さに集中できるようになってくると、快感はどんどん大きなものになります。

そのためにはまずは緊張をほぐし、リラックスした状態で受け入れることが最初のステップです。

はじめてのセックスはとても緊張しますが、繰り返すうちに愛情を深めることの嬉しさを知ることになります。

かけがえのない彼との時間を、心から楽しんでくださいね。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY