きゅ、急に用事思い出した…「オトコが嫌がる」女性の服装4つ

恋愛jp

実際に彼と会った瞬間に彼が「今日は夕方まででいい?」と言われてしまってショックという女性。

実は、男性が嫌がる服装をしていたかもしれません。

今回は男性が嫌がる女性の服装を4つご紹介していきます。

(1)ダボっとしたパンツスタイル

『ダボッとしたパンツを履いてるのって、女性らしく見えなくてガッカリする』(27歳/企画)

ダボっとしたパンツスタイルは男性からしたらがっかりの服装です。

デートには女性らしい服装を着てきてほしい、あわよくばちょっぴりセクシーなものがいいと男性は思っています。

なのでボディラインの見えないダボっとしたパンツは男性ウケがあまりよろしくありません。

パンツルックで決めるなら、スキニーを選んでみてくださいね。

(2)ブランド物で固めたファッション

『全身ブランド物で固めてるような子は嫌だなぁ』(28歳/公務員)

ブランド物で固めたファッションの女性の隣を歩きたくないという男性が多いことをご存知でしょうか。

男性は「ブランド物で固めている女性ほど安っぽく感じる」と思っているようです。

むしろ姿勢や話し方で高級感を出してほしいと望んでいます。

なのでブランド物が好きでも、デートの時は少し控えたほうがいいかもしれません。

(3)季節にあっていない服装

『季節感がないファッションの子ってダサく感じる』(27歳/建築)

季節にあっていない服装は男性からしたら「今日は一緒にいる気あるの?」と思われてしまいます。

とくにこれから冬になるのにも関わらず、ミニスカートやショートパンツでデートに来るのはNG。

その恰好をして「寒い」と言われても自業自得と思われて終わりです。

なので季節やその日の気温を考えて服装を選ぶようにしましょう。

(4)系統がよくわからないちぐはぐな服装

『全身の系統がちぐはぐだとかなりダサいよね』(28歳/証券)

系統がよくわからないちぐはぐな服装は男性からしたら実はNGです。

男性は女性ならキレイ系の服装で女性らしい恰好をしてほしいと思っています。

それなのにアウトドア系やカジュアル系、キレイ系などいろいろな物を組み合わせてしまうと男性は「これってオシャレなの……?」と思ってしまいます。

なので系統ははっきりさせて彼とのデートに望むようにしましょう。

男性が嫌がる服装を知っておけば、彼にドン引かれることもありません。

なのでしっかりとこのポイントを覚えておきましょう。

それだけで彼とのデートが素敵なものになっちゃいますよ。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY