行為後の【賢者タイム】に男がされたくないことって?

恋愛jp

男性には賢者タイムというものがあることをご存知でしょうか。

エッチをした後に冷静になっている状態で、興奮からはかけ離れた状態のことを指します。

今回は、そんな賢者タイムに男性がされたくないことを4つご紹介します。

(1)愛情の確認をする

『エッチの後はしばらくそっとしておいてほしい』(28歳/マーケティング)

男性は、賢者タイムのときはかなりの倦怠感が襲い、心身がだるくなっています。

そんなときに愛情の確認をされても、面倒くさいな……と思ってしまいます。

「ねえ好き?」みたいなことを聞いても、適当に返事をされることになります。

基本的に賢者タイムではゆっくりしたいと思うのが男性なんです。

(2)もっとこうしてと文句を言う

『せっかく楽しかったのに……うだうだ言われると面倒に思うこともある』(26歳/金融)

女性の立場からすると、ゆっくり抱きしめて欲しいとか、愛の言葉を囁いて欲しいという希望があるでしょう。

しかし、男性は賢者タイムになっているので、そのようなことも面倒だと思います。

なので女性がもっとこうして欲しいと要望を言うと、面倒だと思われてしまうだけで相手にされないことも。

女性の気持ちと男性の賢者タイムがかみ合っておらず、すれ違いが起きていることがよくわかりますね。

(3)あれこれ話しかける

『エッチの余韻に浸りたいんですよ……』(28歳/建築)

女性はテンションが高くなって彼といろいろ話したいと思うかもしれません。

本来は男性にとっても嬉しいことなのですが、賢者タイムでは別です。

賢者タイムは文字通り賢者のような状態なので、テンション高く話すことも億劫に感じるのです。

静かにエッチの余韻に浸っておきたいのが賢者タイム中の男性です。

(4)賢者タイムに文句を言う

『文句を言われても困る……男の体のこともわかってほしい』(30歳/IT関連)

男性が賢者タイムになることに文句を言いたくなる気持ちは痛いほどわかります。

もっと頑張ってと言いたくなりますよね。

しかし、男性も好きで賢者タイムになっているわけではないんです。

どうしても賢者タイムになってしまうものなんです。

そのため、賢者タイムのことを文句言われても「仕方ないだろ…」としか思えません。

言うだけ無駄ですから、文句を言わない方がいいでしょう。

男性は、エッチの後に賢者タイムというものになってしまうんです。

賢者タイムは独特の倦怠感があり、男性の共感能力を奪います。

彼の賢者タイムを理解してあげて、両者が納得のいくエッチの後の過ごし方を見つけてみてください。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY