そんな一面が♡男が惚れる「女性のギャップ」とは

恋愛jp

普段と違う一面を見た時、男性の中に恋心が芽生えることがあります。

今回は男性が惚れる「女性のギャップ」をご紹介。

素敵なギャップを手に入れ、さらに魅力的な女性を目指してみましょう。

(1)仕事とプライベートの切り替え

『会社では結構真面目な表情しかみてないから、こんな柔らかい笑顔するんだってキュンとした』(27歳/商社)

最近では、バリバリ仕事をこなす女性が増えてきて、男性からは「強い女性」「キャリアウーマン」というイメージを持たれることも。

そんな「とことん真面目」な仕事姿こそ、ギャップを作る絶好のチャンスです。

プライベートの時間になった途端、接しやすい優し気な雰囲気になり、思いきり楽しむ。

オン・オフがしっかりしている姿は、男性からもリスペクトされます。

(2)実は男性経験が少ない

『男としては、俺がいろいろ初めてになれるって嬉しくない?!』(30歳/公務員)

なかなか彼氏ができないことに悩んだりしていませんか?

実は男性目線では、男性経験の少なさは「魅力」になります。

「経験がない=誠実」というイメージに繋がり、ちゃんと付き合う相手を選んでいることがうかがえるのです。

いい感じの彼には、思い切って打ち明けてみるのもアリでしょう。

(3)男性の話題についていける

『車とか男っぽい話題もついてきてくれるのありがたいわ』(28歳/販売)

男性は女性の前で、本当に好きな話を我慢しています。

アニメや漫画、ゲームの話をしたいけど、女性には関心のない話題だから我慢。

代わりに、女性が盛り上がってくれる内容を選んでいるのです。

そのため、こうした男性の話題を好きで盛り上がってくれる女性は大歓迎。

「女性らしい趣味である必要」なんてありません。

(4)家庭的な一面

『美味しい料理できるとか家事もちゃんとやるって、結構ガツンと心にくるギャップかも』(26歳/金融)

ちょっと天然だったり、華やかな見た目の女性を見て、男性は無意識に「料理とかできるのかな?」と考えてしまいます。

そのため、家庭的な一面を見せつけられると、思わぬギャップに夢中になってしまうのです。

こうした女性は、付き合ってからどんどん男性を虜にすることができます。

それ以外にも、手作りのお弁当やお菓子を差し入れしたり、バーベキューやキャンプなどのイベントごとでも能力を発揮するでしょう。

誰しも全てプラスのイメージを持たれるとは限りません。

たとえ第一印象で植え付けられてしまったネガティブイメージも、ギャップに変えることで、強烈な武器になります。

自分にしか出せないギャップを磨いてみてくださいね。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY