ハロウィンはもう終わりましたよ?男に「ウケないメイク」4つ

恋愛jp

メイクを研究しすぎると、今度は逆に男性ウケしないメイクに振り切れてしまう女性は意外と多いです。

個性が強すぎるメイクは、さすがに男性にもドン引きされてしまいます。

「仮装なの?」なんて思われないよう、男性ウケしないメイクにはぜひ気をつけたいところです。

今回はそんな男性ウケしないメイクについて、特徴をまとめてみました!

(1)涙袋を際立たせすぎる

『やりすぎた涙袋はちょっと気持ち悪い……』(27歳/公務員)

可愛らしいアイメイクをする際、涙袋を目立たせることに気合を入れる人は多いでしょう。

たしかにぷっくりとした涙袋はとても可愛らしく、愛され顔を作るうえで重要なポイントです。

ですがそんな涙袋強調も、さすがにやりすぎてしまうと違和感しか残らないもの。

「目腫れてるよ……?」なんて突っ込みたくなる男性も多いでしょう。

(2)チークを厚塗り

『オカメインコみたいな厚塗りチークは可愛いっていうよりおもしろい』(29歳/サービス)

チークの厚塗りも、もはや仮装っぽさが強く出てしまうためNG。

少し前に流行ったおフェロ顔メイクで厚めにチークを乗せていた女性は多いですが、今もそんなメイクになっている人は少なくありません。

濃いチークは男性から見て、場合によってはギャグにすら感じられてしまうため、せっかくの印象も台無しです。

(3)つけまつげの量が……

『つけまつげのボリュームが凄すぎて引く……』(28歳/飲食)

明らかにつけまつげを多くつけすぎているメイクも、男性からしてみれば違和感満載です。

可愛いとは到底思えず、「目、重そう……」としか正直思えないのが本音。

とくに最近はナチュラルメイク志向なので、不自然なほどに大量のつけまつげをつけるのはやめておいた方がいいでしょう。

(4)アイシャドーの色が個性的

『アイシャドーの色が個性的すぎてびっくり。コスプレ?』(27歳/販売)

アイシャドーの色にぎょっとしてしまう男性も多いです。

ブラウンなどのナチュラルカラーなら基本的に問題ありませんが、濃いブルーやグリーンなどの個性的カラーはどうしても引かれがち。

「パーティーでも行くの?」と思われてしまうほど、個性的な色には非日常化感が出てしまいます。

男性にウケないメイクばかりでは、当然ながら男性からの印象もアップしないもの。

自分のモテ度を上げるなら、ぜひ一度、男性ウケしないメイクをしていないかどうかしっかりチェックしてみてください!

(恋愛jp編集部)

CATEGORY