ドキドキせずにはいられない!男が「惚れちゃうLINEテク」4つ

恋愛jp

LINEで気になる人をドキドキさせられるとしたら、使わない手はないですよね。

今回は、男性が「惚れちゃうLINEテク」を4つご紹介。

気になる男性と進展させたい時、ぜひ活用してみてください。

(1)グループLINEから個人LINEに移行

『いつのまにか二人だけの濃い話ができてちょっとドキドキです』(28歳/営業)

グループLINEでの関わりから個人LINEに移りたいと思う女性は、少なくないのではないでしょうか?

思い切って気になる男性に、個人でLINEを送ってみましょう。

タイミングは、グループラインのメンバーで会った後などがベター。

「今日はありがとう、楽しかったよ!」などのメッセージなら、自然と会話を始められます。

(2)「会いたい」は最強

『楽しみにしてくれてることが嬉しい!』(29歳/映像)

男性とデートの約束に繋げることができたら、「楽しみ!会いたい!」と伝えちゃいましょう。

思わぬ展開に、男性は次のデートを意識してくれるようになるでしょう。

「会いたい」は最強の甘える言葉。

男性も「え、それってどんな意味?」と考えてしまうはずです。

(3)楽しいLINEだといい雰囲気に

『笑いのセンスも合いそうだなって安心』(30歳/教師)

慣れてきたら、素を出した楽しいLINEのやり取りができると良いです。

ずっと恋愛モードじゃ疲れてしまうもの。

たまには息抜きで、ちょっと面白いトークを交えたくなるのです。

そこでオススメなのが、面白いリアクションのスタンプを揃えておくこと。

簡単にその場の空気を和ませて、心の距離を縮められます。

(4)ちょっとワガママを入れて

『掌で転がされてる気もするけどそれも良い……(笑)』(25歳/証券)

男性に「鬱陶しい」と思われるリスクもありますが、ちょっとワガママを入れるテクニックが効果的。

男性側もある程度関心があって、冗談が通じる仲であることが前提です。

「迎えに来てよ~」「寂しいから相手してよ~」などの冗談が言える仲は、相当お互いに気を許している証拠といえます。

男性を惚れさせようとした時、相手の男性の性格に合わせたアプローチも大切。

今回ご紹介した方法の中でも、気になる人に合った内容を選んで、実践してしまいましょう。

そして何より、自分の魅力が最も発揮できる方法を実践することもポイントです。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY