もう帰りたい…男が冷める女性の「ダサい」デートコーデ4つ

恋愛jp

男性はデートの際に女性がダサいコーデで登場すると、冷めてしまう傾向にあります。

男性がもう帰りたいと思うデートコーデとは、いったいどんなコーデなのでしょうか。

そこで、男性が冷める女性の「ダサい」デートコーデを4つご紹介します。

(1)ミニスカート

『ちょっと下品さもでちゃうし好きじゃないかな』(30歳/商社)

最近はミニスカートより、ワイドパンツやロングスカートが流行していますよね。

ミニスカートはセクシーでキュートな印象を与えると思っている女性もいますが、ダサいと感じる男性が多いようです。

さらに、男性は自分の彼女の生脚をほかの男性に見られると嫌な気持ちになることも。

そのため、デートの際にはなるべくミニスカートを取り入れたコーデは避けることをおすすめします。

(2)ヒールが高い靴

『つかれたーとかいわれると、そんな靴履いてるからじゃんって呆れます』(27歳/歯科医)

ヒールが高い靴は、デートで街を歩く際には非常に歩きにくいことから、歩くのが遅くなってしまいがち。

さらに、足が痛くなって歩けなくなってしまうことも稀にあるので、男ウケはイマイチのようです。

最近ではスニーカーが流行しているので、どんなファッションにもスニーカーを合わせることでおしゃれに見えます。

そのため、ヒールが高い靴は時代遅れ感が出てしまうこともあるようです。

(3)普段着

『部屋着みたいな雰囲気だとちょっと残念かな』(25歳/飲食)

彼とのデートのとき、ラフすぎるコーデを選ぶと普段着感が出てしまいます。

男性の本音としては、デートの際には少しでもおしゃれをしてほしいという意見が多いようです。

そのため、普段着っぽいファッションにならないよう注意が必要です。

(4)老けて見える

『色がいけないのかな?茶色っぽすぎるとなんかおばさんぽい』(27歳/建築)

落ち着いた大人可愛いファッションを好む女性も多いようですが、大人っぽさを意識しすぎると老け見えすることがあります。

男性は老け見えする女性と一緒に歩くのは恥ずかしいと感じることも。

そのため、大人っぽいファッションは老け見えしない程度に抑えることをおすすめします。

男性が冷める女性の「ダサい」デートコーデを知ることで、デートでの失敗を回避するよう心がけましょう。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY