可愛いヤツだなぁ♡男がつい胸キュンする「あざといウソ」4つ

恋愛jp

人に「ウソ」をつくことは良いことではありません。

しかし、好きなことを前提としてつく「あざといウソ」は、気になる彼をキュンとさせることが可能。

使い方次第では、一気に彼との仲を進展することができるかも!

そこで今回は、男がつい胸キュンする「あざといウソ」を紹介していきます。

(1)「初めて」

『定番デートコースだからきっと来たことあるんだろうけど、「初めて来た」って喜んでくれたのはキュンとした』(27歳/証券)

気になる彼とデートの時、行ったことがある場所でも「初めて」と伝えることは可愛い「ウソ」。

たとえそれが「ウソ」とバレても、自分を好きなことが分かるのでキュンとするもの。

相手がデートプランをたてたのならなおさら、「ココ元カレと来たことある」なんて言われたらガッカリ。

本当のことを伝えたほうが「わざわざ言わなくてもいいのに……」と思われるだけなので、「初めて」と伝えて彼を喜ばせましょう。

(2)「同じ方向」

『全然違う方向なのに、飲み会の後に「同じ方向です」って一緒に帰ったんだけど、好きなのかなって思ってドキドキした』(28歳/広告)

気になる彼とは、ギリギリまで一緒にいたいって思いますよね。

また、2人っきりになれるチャンスなら、たとえ遠回りでも一緒に帰りたいもの。

そんな時は、「同じ方向なの」って伝えて途中まで一緒に帰っちゃいましょう。

男性は「ウソ」と分かっても、自分と一緒にいたかったと考え、好意的に受け止めてくれますよ。

(3)「興味がある」

『自分の趣味を合わせてくる感じがいじらしくて可愛い』(30歳/不動産)

気になる彼の趣味や興味があることには、たとえ興味を持っていなくても「興味がある」と伝えるのは、可愛い「ウソ」。

知識がなく「本当に興味あるの?」なんて聞かれても大丈夫!

そんな時は、「もっと話したかったから」や「デートしたかったから」などと伝えてみて。

好意を伝えることにも繋がるし、キュンとすること間違いなし!

(4)「忘れちゃった」

『「傘わすれちゃった」って入ってこられると、もうドキドキするよね』(26歳/アパレル)

何かを忘れたからと行動を共にする「あざといウソ」は、キュン度高め。

例えば、一緒の職場なら「お弁当忘れちゃったからランチ一緒に行こう」や「傘忘れちゃったからいれて」など。

誘うことがハードル高いと思っている人にもオススメ。

「ウソ」とバレても、一緒にいたいと思ったことが分かるのでドキドキしますよ。

「あざといウソ」は、むしろバレてしまったほうが効果的にキュンとさせられます。

一緒にいたかったから、好きだからという気持ちが分かることが大前提。

可愛い「ウソ」で彼をキュンキュンさせれば、気になる存在にランクアップできるかも!

(恋愛jp編集部)

CATEGORY