疲れちゃった…。男性が“本気でめんどくさがってしまう”嫉妬の仕方とは?

恋愛jp

嫉妬も少しなら可愛いものですが、あまりにも限度を超えてしまうと、トラブルのもとになります。

そもそも嫉妬されること自体面倒臭いと思う男性も多いため、嫉妬するときは十分注意する必要があるものです。

そこで今回は、男性が本気でめんどくさがってしまう嫉妬の仕方について解説していきたいと思います!

(1)元カノを悪く言う

『元カノのことなんて過去のことなんだから、もう気にしなくていいじゃん』(29歳/飲食)

元カノへの嫉妬を抑えられず、悩んでいる人は多いかもしれません。

そのせいで元カノのことを彼の前で悪く言ってしまうような人も多いでしょう。

ですが元カノへの嫉妬は、男性がうっとうしく思う嫉妬の代表例です。

元カノのことも人として大事にしたい男性は多いでしょうし、彼女から非難されれば正直面倒臭く感じてしまうものです。

(2)予定を全部把握しようとする

『予定を全部把握されるのって鬱陶しいし怖い』(28歳/広告)

予定をすべて把握しようとするのも、男性にとってはうっとうしさしかないものです。

「休日は全部教えてね」と言ったり、「休みの日は全部会お」と会うことを強要してきたり……

そんな束縛や嫉妬には、正直うんざりしてしまう男性は多いでしょう。

(3)女性の連絡先を消すように強要する

『彼女以外にも大事にしたい関係はあるから、連絡先消すのはムリ』(29歳/企画)

他の女性の連絡先を消すように強要するタイプの嫉妬も、男性からは面倒に思われがち。

まるで二人だけの世界に行こうとしているような様子に、彼はすっかりうんざりしてしまうんです。

大事な人間関係って彼女だけじゃねーから!と思わず彼もツッコミたくなるはずですよ。

(4)他の女性と少し会話しただけで激しく嫉妬

『ちょっと話しただけで嫉妬されてたら生きていけないわ』(30歳/広告)

嫉妬心の強い女性は、彼氏が少しでも別の女性と会話していると、激しく嫉妬の炎を燃やしがちです。

「あの人誰?」「どんな関係?」「もしかしてあの人のこと好きなの?」と彼を質問攻めするようなこともしばしば。

そんなことを言われれば、正直面倒臭い……と思って別れさえ考えてしまう男性も多いものです。

嫉妬にはとにかく限度があるため、この限度をわきまえることが大事なものです。

彼を嫉妬しすぎで困らせるのは、彼女としてまさに最悪なパターン。

ぜひ嫉妬の仕方には気をつけて、彼から愛想をつかされないようにしてくださいね!

(恋愛jp編集部)

CATEGORY