周りの視線が突き刺さる…!知っておきたい「結婚式NGコーデ」

恋愛jp

親友の結婚式にお呼ばれした。

心から祝いたい気持ちはあるものの服装ひとつで、冷たい目線を向けられてしまうこともあります。

どのようなコーデは、結婚式では控えた方が良かったのでしょうか。

そんな今回は、出来るだけ避けた方が良い、結婚式NGコーデについてご紹介いたします。

(1)白色のドレス

『え、常識で白はだめってわかるじゃん』(27歳/営業)

主役である新婦の存在をかすませてしまう、白色のドレス。

見えないひんしゅくを買ってしまうことが多いです。

着る本人も、後からいたたまれない気持ちになりやすかったりします。

華やかすぎるデザインも、その場の主役の座をかっさらってしまうのでだめ。

白色のドレスは避けて、落ち着いたデザインのドレスを選んでいくように心がけていきましょう。

(2)露出が多すぎるドレス

『急に水商売の人きたとおもっちゃうよね……』(31歳/通信)

ドキッとさせる、足元、胸元を出しすぎるドレスです。

神聖な場の空気を壊してしまう恐れがあります。

同性ウケは非常に悪く、シラーとした目を見られてしまうことも。

どちらかというと肌はそこまで見せないように心がけること。

むしろ見せないくらいが良い印象を持たれやすいです。

(3)シックな印象が強いドレス

『ちょっとお祝いの席には暗すぎるかな』(29歳/企画)

可愛いスタイルは自分には似合わない、かっこいいスタイルに仕上げたい。

黒寄りのカラーのドレスを着ていくことです。

葬式に参列するような喪服のイメージが強く、変に浮いてしまう恐れがあります。

それでもシックな印象のドレスを着ていきたいなら、フェイクファーは明るめカラーを選ぶこと。

小物に明るめカラーを持ってくる方法を取り入れていきましょう。

(4)アクセサリーのつけすぎ

『いやいやゴテゴテすぎでしょ』(26歳/SE)

ゴージャスな印象を与えたい。

「せっかくみんなが集まる場だから」と。

アクセサリーをごちゃごちゃつけすぎたコーデです。

物によっては写真を撮るときに明かりを眩しく反射させます。

上品な印象を与えるように、アクセサリーはデザインが落ち着いたものを数個使うだけにしておきましょう。

派手めな印象で固めたコーデも、呼ばれた結婚式の場では浮いて見えることがあります。

ぜひ、マナーをしっかり守った上で、自分にとって一番良い結婚式コーデに仕上げていきましょう。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY