遠慮なく襲わせてもらいます♡男が喜ぶ「エッチのお誘い」4つ

恋愛jp

女性からエッチに誘いたいと思った時、バリエーションを持っておくと彼を飽きさせることがありません。

彼はどんな誘い方に興奮してくれるのでしょうか?

今回は、男性が喜ぶ「エッチのお誘い」を4パターンご紹介していきます。

(1)家でエッチなシーンの映画を見る

『映画の濡れ場みて欲情しちゃいました(笑)』(25歳/証券)

家でデートする時、あえて「エッチなシーン」のある映画を選んで、一緒に見ましょう。

ただの映画鑑賞だと思っていたはずが、過激なシーンに入って、彼も思わずドキドキ……

そのまま見進めるとチャンスを逃します。

映画を一時停止して、すかさず彼にキスして求めましょう。

気分が高まった彼は、映画から影響を受けた雰囲気に流されて、エッチしたくなります。

(2)彼に腕枕をお願いする

『腕枕してってそれだけでいいの?て感じだったよ』(28歳/通信)

いきなりエッチをお願いするのはハードルが高いもの。

そこで、彼に腕枕をおねだりして、限りなく近い距離をキープしましょう。

もちろん、腕枕だけで終わらせるつもりはありません。

そのままキスしたりギュッとしたり触ったり……

スキンシップを重ねて、彼をその気にさせるのが最終目的です。

(3)ノーブラでくっつく

『ハッキリわかったよ。胸のポッチが!』(26歳/飲食)

男性は女性に抱きしめられた時、「胸の感覚」に敏感に反応しています。

でも、「胸の感覚」とはいっても、それはブラで守られたハリのあるもの。

そこで、ノーブラでギュッとくっつくのがおすすめ。

当たった胸の感覚はブラ着用時とあまりに違い、お互いに薄着だと乳首の感覚まで伝わります。

思わぬ展開に彼も「え、今日はエッチな気分なの?」と気付いてくれるでしょう。

(4)話しかけながら触る

『されるがままで過ごしたいです』(31歳/不動産)

男性を興奮させるためには、複数の神経を刺激することが大切。

「ねぇ、甘えたい気分なの」「いっぱいくっつきたいな」「分かってるでしょ?」などの言葉を言いながら、彼の太ももやアソコを触りましょう。

この方法なら直接的な言葉を言わなくても「エッチしたい」という意思が伝わります。

肉食系な攻め方をしたい人にピッタリなお誘いです。

女性からエッチに誘う時、毎回ストレートに伝えるのはNG。

たまにならOKですが、男性を「エッチしよ?」という言葉に慣れさせると、言葉の威力がなくなります。

今回ご紹介した方法で、男性にアプローチしてみましょう。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY