意識しないわけないじゃん!男が「ついドギマギする」女性の言動4つ

恋愛jp

気になる彼と両思いになりたいなら、異性として意識させることが必要です。

どれだけ仲良くしていても、異性として意識しなければ友達のまま。

恋愛へと動かすためにも、気になる彼をドキッとさせてみて。

そこで今回は、男が「ついドギマギする」女性の言動を紹介していきます。

(1)距離が近い

『女性との距離が近いと、それだけで意識する』(27歳/人事)

女性側から距離を縮めてくると、ドギマギするもの。

内緒話をする時やボディタッチしてきた時など、実質的な距離が近いとドキッとする瞬間。

ドギマギすれば異性として意識するので、恋愛へと進展する可能性が広がります。

ただし、人にはパーソナルスペースといって、入ってこられると嫌と感じる空間があるので、少し近づいたら長くは留まらずに離れるようにしましょう。

(2)特別扱い

『自分だけ周りと扱いが違うかもって感じたら、好きなのかなって……』(29歳/証券)

自分だけ特別扱いをされていると、好意があるのかと思いドギマギするもの。

その女性にとって特別な存在なのだと実感するので、意識するキッカケに……。

ただし、周りに分かるくらいあからさまに特別扱いすると、嫌がる男性もいるので注意。

気になる彼だけが気付けるような特別扱いが、秘密っぽくてドギマギさせられますよ。

(3)何気ないことに気付いてくれる

『ちょっとした体調の変化とかに気付いてくれると、なんだか気になる存在』(28歳/企画)

ちょっとした何気ないことに気付いてくれると、自分のことを見てくれているとドギマギするもの。

例えば、「髪切った?」や「調子悪い?」など、少しの変化を敏感に察知。

心配してくれたり、変化に気付いてくれたりすると嬉しくなります。

ただし、過剰に心配するとウザいと思われる可能性があるので、頻度には気をつけるようにしましょう。

(4)好意をチラ見せしてくる

『なんとなく好きなのかもって感じると、意識してドキドキする』(26歳/アパレル)

一番確実にドギマギさせるには、好意をチラ見せすること。

自分に好意があるのかもと思えば、異性として意識してドギマギするもの。

言葉にして好きなことを匂わせたり、態度でアピールするなど、気になる彼に伝わる好意が必要です。

ここで大切なことはチラ見せにすること。

だんだんと意識してもらうためにも、がっつり好意を伝えるよりは、少しだけを意識するといいですよ。

恋愛に発展させるには、まずは異性として意識してもらうことが大前提。

気になる女性になるために、好きな人をドギマギさせてみて。

ただし、どれもやり過ぎると逆効果になる場合もあるので、加減には注意して下さいね。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY