プロポーズ準備しなきゃ!彼に「結婚して」と言わせる4つの方法

恋愛jp

付き合いが長くなったり、素敵な男性との恋愛を経験すると、「結婚したい」と思うようになりますよね。

でも、ストレートに結婚を迫れば重たい女だと思われてしまう……。結婚に至るまでには悩みが尽きません。

そこで今回は、彼に「結婚して」と言わせる4つの方法をご紹介していきます。

(1)手料理で胃袋を掴む

男性は具体的に結婚した未来を想像できた時に、「結婚したい」と思うようになります。

そのために欠かせないのが、手料理で胃袋を掴むこと。

彼女の手料理が美味しいと、「結婚すれば毎日食べれるんだな」と幸せな妄想が止まらなくなり、自然と結婚生活を思い浮かべます。

(2)モテているのを遠回しに気付かせる

「他の男にとられそう」と思うと、彼の独占欲が刺激されて、ヒートアップします。

そのため、自分が「モテている事実」を遠回しに気付かせましょう。

男性をむやみに嫉妬させるのだけはNG。

「会社の同僚に口説かれて困っている」など、相談や愚痴といった形で、自分がモテている状況にそれとなく気付かせましょう。

(3)精一杯看病する

普段は結婚に興味がない男性も、弱った時には孤独感に苛まれます。

特に一人暮らしをしているなら、辛い中で頑張って食料品を買ったり、家事をするのはかなりの負担。

そんな時、精一杯看病してくれる彼女がいると、その存在のかけがえのなさに気付くきっかけになります。

(4)環境の変化や節目に向き合う

なかなか結婚に踏み切れないカップルは、環境の変化や節目に2人の関係性を再確認することが大切。

将来の話をしやすいタイミングが来たら、彼と未来について語り合い、想いを共有しましょう。

この時に明るい結婚像や、価値観の合う未来が想像できると、自然と「結婚したい」と思えるようになります。

付き合いが長くなり、2人の関係性に慣れが生まれると、どうしても「結婚」のタイミングを見失ってしまうもの。

今回ご紹介した方法を実践するチャンスが訪れたら、逃すことなく行動してみましょう。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY