既読無視でいいですかね…男性から嫌がられる「LINE対応」とは?

恋愛jp

気軽に使うことができるLINEですが、男性が嫌がる対応をしているとやめてほしいと思われてしまうことになります。

連絡を取りやすく、会話のように軽快なやり取りを楽しむことができるので、嫌われる対応を避けて楽しい時間を共有しましょう。

(1)暗くて重いLINEが来ると恐怖

女性は真剣な気持ちで送っていたとしても、男性には暗くて重いと感じるLINEは、実は多いものです。

好きかどうかを何度も尋ねたり、遠慮深すぎる、真剣な気持ちを長く書いているなどに思い当たることはないでしょうか。

LINEは気軽に送ることができるため、つい気持ちを素直に書いてしまうことがあるかもしれませんが、暗くて重くなっていないかを確認してから送りましょう。

(2)行動をチェックされるのは嫌

男性は、自分の行動を細かくチェックされることを嫌がる人が多く、どこにいるのか、何をしているのか聞かれると幻滅してしまう人も少なくありません。

予定を細かく聞いてくる、誰といるのか知りたがるなど思い当たることがあるなら、控え目にする方が賢明です。

答えてもらえないと疑ったり、しつこくなる傾向がある女性は要注意です。

(3)返事は短くても早めに欲しい

男性からのLINEが来たときに用事があったり、友達と居たりすると返信が後回しになってしまうことがあります。

男性は何かのリアクションが欲しいことが多いので、短くても良いので対応すると喜ばれます。

手が離せないからまた後で、と言うだけでも良いので返事をしておくと良いでしょう。

返事ができる時間を伝えるのも、良い方法です。

(4)長文のLINEは面倒

会話をするようにやり取りをすることができるLINEでは、長文が続くと読むのが大変だったり、返事をする内容も増えてしまうので、長文のLINEが面倒に感じる男性は多いです。

画面を見て、自分のLINEの方が面積が多かったら気を付けましょう。

長文のLINEに一言だけで返されているときは、要注意です。

LINEは、仲良くなれるツールなのですが、嫌がられる対応をしてしまうとLINE自体が面倒になるため、疎遠になってしまいます。

大切なことは直接会ったときに伝えるようにして、LINEでは楽しい会話を心がけましょう。

(恋愛jp編集部)

CATEGORY