1. 美容情報トップ
  2. グルメ&レシピ
  3. グルメ検索
  4. 女性のためのレストラン検索

さらに条件を絞って検索

都道府県
千葉県
エリア
業態・料理
設備
サービス
カード使用可
クーポンあり
飲み放題メニューあり
食べ放題メニューあり
深夜営業あり
ランチ店舗絞込み
携帯の電波が入る(au)
モバイルクーポンあり
携帯の電波が入る(NTTドコモ)
携帯の電波が入る(ソフトバンク)
禁煙席あり
駐車場あり
口コミあり
個室あり
TV・雑誌で話題のお店
予算

餃子×宴会 楽楽屋 津田沼4号店 (中華)

餃子自慢の中華居酒屋

NEW OPEN★LoHaru津田沼B1階 点心師の餡たっぷり特製餃子&専用窯焼き北京ダックが自慢! 中華居酒屋で宴会◎2H餃子食べ放題コース3,500円 個室~20名/貸切~40名

平均予算 2,800円

アクセス JR総武線津田沼駅徒歩3分

福来麺菜館 (中華)

本格中華料理

柏で本格中華料理 忘、新年宴会予約受付中! 【貸切可】/コースは2800円~!10名様以上で1人無料です!

平均予算 2,000円

アクセス JR常磐線柏駅南口徒歩8分

手作り餃子とハイボール酒場 矢那屋 ~木更津駅前店~ (中華)

居酒屋、餃子、パスタ

■JR木更津駅東口 徒歩3分 ■3H飲み放題付きコース4,000円(税込)~ ■単品飲み放題2H1800円(税抜)~ ■銀座イタリアン元料理長が作る和と伊の融合したこだわりの料理

平均予算 3,000円

アクセス JR木更津駅徒歩3分

台葉 (中華)

創業26年本格台湾料理

【新松戸駅】徒歩2分で行ける台湾♪ 本格【台湾料理】ご宴会コース2,000円~ 2時間飲み放題1,200円(17時以降+480円) 【忘年会】【大宴会】台葉にお任せください!!

平均予算 1,200円

アクセス 地下鉄千代田線新松戸駅徒歩1分

四川料理 醉盧(すいろ) 千葉中央店 (中華)

スパイス香る四川料理

【5月】メニューを一新!本場の味を完全再現! 80種以上の多彩な料理と豊富なドリンク 2H食飲放題2,880円(税抜)2H飲放付コース3,500円~ 貸切70名様迄 個室有

平均予算 1,500円

アクセス 千葉都市モノレール葭川公園駅徒歩3分

ジェイホテル 中国ラウンジ 味雅 (中華)

本場仕込みの本格中華店

全国から厳選した旬の食材で味わう本格中華料理 季節を愉しむコースに、ご宴会に最適なフロア貸切20名〜 京成八幡駅徒歩1分 ホテル直結の端正な空間で特別なひとときを

平均予算 4,000円

アクセス JR総武線本八幡駅北口徒歩3分

エイホウ飯店 (中華)

松戸のラーメン中華定食

松戸の本格中華料理店『榮鳳』が立ち上げたエイホウ飯店! どこか懐かしい日本の中華定食をお楽しみ下さい♪ テイクアウトOK!本格中華をいつもの食卓で【みのり台駅】

平均予算 1,000円

アクセス 新京成線みのり台駅徒歩15分

個室中華 ~佳佳苑(よしよしえん)~ (中華)

本格中華料理

前原駅から歩いて3分! 本格的な中華料理を味わえるお店。 貸切宴会が可能!上質な雰囲気の個室を完備。

平均予算 3,500円

アクセス 新京成線前原駅徒歩3分

個室 中華レストラン 三才坊~SANSAIBOU~ (中華)

個室で本格中華を楽しむ

≪JR津田沼駅南口より徒歩1分≫ 色彩・香り・味わい全てを五感で楽しむ本格中華料理店 各種宴会に!2時間飲み放題付コース3,000円~ 個室有り!最大60名様まで貸切可能

平均予算 2,500円

アクセス JR総武本線津田沼駅徒歩1分

個室創作中華 千離宮 (中華)

個室で楽しむ創作中華

[成田駅前]本格も創作も!絶品中華料理を個室で堪能♪ コース料理3000円〜、2時間飲み放題付き5000円〜 会社宴会や接待にも人気♪

平均予算 3,000円

アクセス JR成田線成田駅徒歩2分

Kirei Styleの注目キーワード

千葉
千葉都市モノレールと京成線の千葉駅が併設し、高架下のショッピングモールで外房線・中央千葉駅とつながっている総武本線千葉駅は、千葉県すべての機能が集中する千葉市の中心駅。近代的な景観も見事な湾岸エリアに向かってますます発展するこの街の今後から、目が離せませんね!平安時代の大治元年(1126年)から約330年の間、千葉氏歴代の城下町として栄えた千葉市は、その後、千葉街道の宿場町として発展してきたところ。昭和に入って千葉県庁が置かれてから、いくつかの専門学校が開設され、近代都市への発展は文教都市としての繁栄がきっかけになったとされています。その機運を残したまま、戦後は川崎製鉄をはじめとする巨大企業の進出によって、消費都市から産業都市へと転換。現在の商業都市としての繁栄が確立されるとともに、現在は理想のベッドタウンといったイメージが定着しています。平成4年4月、全国12番目の政令指定都市に移行した千葉市は、以前は駅の南側にある国道14号、16号あたりまで海岸線があり、のどかな海辺の町並が広がっていました。どちらかといえば千葉駅北口から千葉公園にかけての山側が古くからの住宅地となっていて、今も駅前すぐの場所に木造平屋建ての民家が数多く残っています。ところが昭和の中頃から本格的に始まった埋立により、遠浅の海の様子は一変。日本初の人口海岸がオープンしたのを皮切りに、臨海部の開発や大規模なニュータウンの造成もスタート。沿道に遊歩道や公園機能をプラスしたプロムナードのある新しい住宅エリアも誕生し、自然を配した住宅が多い北側とはまったく違った近代的な風景を見ることができます。新旧織り交ぜた住宅街の“理想の在り方”を垣間見せてくれる千葉駅周辺。湾岸開発がますます進む中、今後の展開が楽しみなエリアと言えそうです。
津田沼
JR総武本線と京成線の交わる習志野市の中心駅・津田沼駅。駅前エリアにはパルコや丸井などの大型デパートを始めとする数多くのビルが建ち並び、都市化した津田沼の賑わいを見せています。また一方で駅周辺には田園風景も広がり、便利さとのどかな生活の両方が手に入る街と言えそうです。戦前から戦中にかけて軍用駅として貨物車のヤードに活用されていたという津田沼駅は、現在、JR総武線の車両基地となっている千葉県内の主要駅。駅の北側が船橋市、南側が習志野市になっていて、津田沼の地名は習志野市の町名から付けられたとされています。表口となる船橋市寄りの北口に都市化計画に沿って建設された「パルコ」ができた当初は、“場違いの見本”というレッテルを貼られることもあったようですが、今では丸井や新京成線の駅と連結したイトーヨーカドーなどもでき、ショッピング客や食事で訪れる人のあまりの賑わいに、そんな話もすっかり影を潜めた様子。戦前から戦中にかけて軍用駅として貨物車のヤードに活用されていたという津田沼駅は、現在、JR総武線の車両基地となっている千葉県内の主要駅。駅の北側が船橋市、南側が習志野市になっていて、津田沼の地名は習志野市の町名から付けられたとされています。表口となる船橋市寄りの北口に都市化計画に沿って建設された「パルコ」ができた当初は、“場違いの見本”というレッテルを貼られることもあったようですが、今では丸井や新京成線の駅と連結したイトーヨーカドーなどもでき、ショッピング客や食事で訪れる人のあまりの賑わいに、そんな話もすっかり影を潜めた様子。新京成電鉄新津田沼駅から徒歩3分ほどのJR線へは、連日、乗換えの人たちで溢れんばかりになる朝夕のラッシュが、すでに名物となっているようです。津田沼駅の南口エリアとなる習志野市は、昭和30年頃から埋立が開始され、昭和40年代には千葉のベッドタウンとして発展してきたエリア。臨海部には秋津団地や袖ヶ浦団地など大型団地があり、さらに内陸側の地域に大きな工業団地もあり、市の人口増加にかなりの貢献をしています。また、もともと軍用地だった跡に建てられた大学や予備校が駅周辺に多いのも、街に活気があるひとつの理由かもしれませんね。しかし一方で、駅から徒歩5分以内の場所にも関わらず、青々とした田園風景が広がる農業用地があり、畑に沿って建つのどかな雰囲気の住宅が点在する街の風景は、津田沼ならではと言っても過言ではないでしょう。多くの自然とますます加速する都市化の便利さが同居する津田沼は、これからの変化に目が離せない街と言えそうです。
船橋
JR線を中心に京成線、東武線の3駅が隣接する船橋駅は、都心への通勤客の乗換駅として賑わう千葉県屈指の主要駅。10年以上前に再開発が行われ整備が完了した北口の近代的な雰囲気と、現在再開発中の南口ではまったく趣が異なり、住宅街ではベッドタウンと下町が混在となった魅力が溢れています。江戸時代には徳川家康を祀った由緒ある神社・船橋大神宮の門前町として、また千葉街道と成田街道が合流する宿場町として賑わっていたという船橋市。今年4月に人口が55万人を越えたこともあり、県内初の中核市に移行した市の中心駅である船橋駅は、南口の京成線と北口の東武線との乗換駅として、現在も昔と変わることのない賑わいを見せています。10年ほど前に再開発が行われ、広々としたコンコースから各ショッピングゾーンへ直接行けるようになった北口エリアは、駅周辺に残る土地を利用して新しいマンション郡の建設が急がれているようですが、駅から少し離れた地域にはまだまだ農村地帯が目立ち、のどかな風景を残しています。また古くからの居住地域である南口エリアは、京成線との直結工事を含め現在駅前を再開発中。表玄関であるにも関わらず、猥雑でどこか懐かしい雰囲気を醸し出している商店街をはじめ、駅周辺に図書館など市の施設も多い南側は、埋立臨海地域の工場地帯へと、生活に密着しながらも華やいだ雰囲気が続いています。南口から大神宮方面に向うと、船橋の名前の由来にもなったという海老川に出ます。この全長約2600メートルの川沿いが古くからの住宅街になっていて、漁場として栄えた船橋の往時を偲ぶ木造家屋を見ることもできます。都心に通勤する人たちのベッドタウンと言われ人口増加の一途を辿る船橋市ですが、このように漁師町としての活気と温かさを持ち合わせているのも魅力のひとつ。中核市になったことでより個性豊かな街づくりができるとあって、今後の市民サービスの充実も期待できそうです。眠るために帰るだけではもったいない、そう思わせる船橋市はますますの発展を遂げる街と言えそうです。

情報提供元:株式会社ぐるなび

レストラン・グルメ検索
ソトゴハンNavi

話題のエリア、スポットからも探せる!おいしくてお得なグルメ・クーポン情報♪

ソトゴハンNavi

全国レストラン検索

希望条件からレストランを手軽に検索!お得なクーポン、最新レストラン情報も満載!

全国レストラン検索

厳選レストラン検索

ワンランク上のレストラン予約!記念日、食事会、自分へのごほうびディナーなどにも!

厳選レストラン検索

読者エディター
美の賢人ブログはこちら

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.