5日間で肌が生まれ変わる?!画期的な美肌術「ハーブピーリング」とは

最終更新日:
5日間で肌が生まれ変わる?!画期的な美肌術「ハーブピーリング」とは

突然ですが、あなたは次のようなお肌悩みをお持ちではないですか?

 

・色むらが気になる。

 

・ごわつきがある。

 

・毛穴の開きが目立つ。

 

・ニキビやニキビ跡で悩んでいる。

 

・小じわが増えてきた。

 

そんな方に、非常にオススメなエステトリートメントがあります。

それは、「ハーブピーリング」と呼ばれるもの。

 

「なーんだ、ピーリングか。ピーリングなら何度も試したことがあるわよ・・・。」

というそこのアナタ!ちょっと待ってください。

 

ハーブピーリングは、従来のピーリングとは仕組みもアプローチもまったく異なる美容施術。

その画期的な手法が注目され、いまや芸能人やモデルを中心に密かに話題となっているんです。

 

「ピーリングで全く効果がなかった」という方にこそ試して頂きたいハーブピーリング。

本日はその魅力に迫っていきたいと思います。

ハーブピーリングって一体なに?

もしかしたら初めて聞いた方も多いかもしれませんね。

芸能人やモデルを中心に話題になっている「ハーブピーリング」って一体なんなのでしょうか?

 

ハーブピーリングとは、海に生息する特殊な「海綿」のパウダーをお肌に塗る施術のこと。

 

海綿の成分がお肌のはたらきを活性化し、ターンオーバーを急速に早めることで、ピーリングを促すという画期的な方法です。

 

ハーブピーリングを受けると、約3日後からお肌の剥離(はくり)が始まり、ポロポロと角質が剥がれ始めます。

約4日~5日後には剥離が終わってお肌が生まれ変わり、つるつるのお肌が顔を出します。

 

そんな今までになかった斬新なピーリング法が注目を浴び、いま話題となっているんです。

 

ハーブピーリングに使われる「海綿」とは?

ハーブピーリングに使われる「海綿」とは?

最も気になるのが、ハーブピーリングに使われる「海綿」ってなに?ということですよね。

 

お肌がポロポロと剥けてしまうなんてちょっとコワイ・・・。

本当に安全なものなんでしょうか?

 

海綿とは、海に自生するスポンジ状の多細胞生物のことです。

ヨーロッパ等では、古くから体や顔を洗うためスポンジとして実際に使われていました。

 

今でも海綿は人気があるようで、「お肌に優しい天然のスポンジ」として広い地域で販売されています。

 

ハーブピーリングでは、そんな海綿を微細なパウダー状にしたものを使います。

そしてハーブピーリングのピーリング効果の秘密は、実はこのパウダーにあるんです。

お肌がポロポロ剥ける仕組みは?

海綿のパウダーは顕微鏡で見ると、実はミクロの「棘(とげ)状」の形をしています。

このミクロの棘を塗布すると、お肌に吸収されて細胞に刺激を与えます。

 

すると「お肌にたくさんの小さな傷ができている!急いで修復しないと!」と肌の細胞分裂が急速に活性化され、再生が始まります。

 

それによりターンオーバーが早まり、古い角質が約3日後からポロポロと剥がれていくのです。

ハーブピーリングに期待できる効果は?

ハーブピーリングに期待できる効果は?

ハーブピーリングは、従来のピーリングとは異なり、

外から剥くのではなく表皮の奥から細胞を活性化することで剥離を促すという施術です。

 

細胞自体が活性化されるため、コラーゲンやエラスチンの生成も促されると言われています。

 

そのため、ハーブピーリングには次のような肌悩みに対しての有効性が期待されています。

 

・ニキビ・ニキビ跡

 

・毛穴の開き

 

・お肌のごわつき

 

・小じわ

 

・乾燥

 

・ハリの無さ

 

・肌の色ムラ

 

・くすみ

 

これだけ見ても非常に万能な施術だということがわかりますよね。

 

外から剥く一般的なピーリングとは全く異なる新しい施術であると言えます。

 

ハーブピーリングの流れは?

さて、ここまでハーブピーリングの仕組みや効果についてお話ししてきましたが、ここからは「ハーブピーリングの施術中~施術後の基本的な流れ」について具体的にお話ししていきますね。

ハーブピーリングの流れ(1)施術当日~2日後

ハーブピーリングを受ける前には、まず化粧や汚れをしっかりと洗い落とします。

クレンジングなどでメイクを落とした後、洗顔料でしっかりとお肌の洗浄が行われます。

 

その後、専用の海綿パウダーを塗布&マッサージを行います。

この時、海綿の棘状成分がお肌に浸透しているため、施術中~施術直後から、好転反応(チクチク感、ほてり、赤みなど)が出現します。

 

2日目には赤みはだいぶ引きますが、このあと「自然剥離」が始まります。

ハーブピーリングの流れ(2)3日後~4日後

ハーブピーリングを受けてから約3日後~4日後から、ターンオーバーの促進により「自然剥離」が始まります。

 

日焼けをしたあとのように、お肌の表面がポロポロと剥け始めます。

この剥け方には個人差があり、ポロポロが少ない方もいれば、大きくベロンと剥離する方もいます。化粧もうまく乗りません。

 

この期間は人と会う約束をいれるのは避けるのがおすすめです。

ハーブピーリングの流れ(3)4日後~5日後

施術後4~5日も経つと、剥離がだいぶ落ち着き始め、新しいぷるぷるの肌が現れます。

 

残った皮は、吸引機によるアフターケアで除去されます。

くれぐれも自分で無理やり引きはがしたりはしないようにしましょう。

ハーブピーリングを受けた後は

このように、約5日間のダウンタイムを経て、まさに「ひと皮むけた」お肌に生まれ変わります。

 

個人差がありますが、人によってはニキビ跡やニキビが軽減されたり、ハリが出てきたり、くすみや色むらが取れたりするようです。

 

「むきたてのゆで卵のようにつるつる」と表現する人もいます。

ただのエステトリートメントのように皮膚の表面をケアするのではなく、皮膚の奥から活性化させるため、高い効果を期待できるようです。

ハーブピーリングの値段相場は?

とはいえ、一番きになるのは、やっぱりお値段。

ここまで高い効果を期待できるということは、それなりのお値段がしてしまうのでしょうか・・・?

 

エステによっても異なりますが、ハーブピーリングの施術料金は1回につきだいたい10,000円~30,000円ほど。

 

主要成分の「海綿」に加えて、プラセンタや成長因子も一緒に塗布してもらえるというパターンもあり、そういったものはお値段が高くなる傾向があります。

ハーブピーリングに通う回数は?

ハーブピーリングは1回だけでも目に見えた効果を実感することができますが、回数通うことでより美しい肌を目指すことができます。

 

肌の状態やどの程度キレイにしたいかにもよりますが、だいたい5回以上通うとかなり高い効果が期待できると言われています。

 

お財布、そしてお肌と相談して何回通うべきかを決めましょう。

 

ハーブピーリングの注意点は?

さまざまなお肌悩みに効果を発揮してくれるハーブピーリングですが、メリットだけではなく、注意すべきこともあります。

 

ここからは、ハーブピーリングを受ける上での注意点や、覚えておくべきことをご説明します。

ハーブピーリングの注意点(1)施術後はシャワー禁止

ハーブピーリングは、施術を受けた後、じっくりと時間をかけて海綿の棘状成分がお肌に浸透するため、洗顔をしてしまうと効果が薄れてしまいます。

 

そのため、基本的に施術後24時間はシャワーは禁止とされています。

ハーブピーリングの注意点(2)痛みを感じることもある

施術を受けているときや、数日後に剥離がおこるとき、個人差がありますが痛みを感じる場合があります。

 

もちろん皮膚が生まれ変わる頃には痛みはおさまりますが、痛みに弱い方は注意したほうが良いかもしれません。

ハーブピーリングの注意点(3)化粧がのらない

ハーブピーリングによって表皮の角質がポロポロと剥がれるときは、ファンデーションを塗っても綺麗にのりません。

 

むしろ、重ねれば重ねるほど角質と混ざって汚くなってしまうので注意が必要です。

やはり施術してからお肌が生まれ変わるまでの5日間は、極力人に会わないようにするのがオススメです。

ハーブピーリングの注意点(4)受けられない場合もある

・アトピー肌の方

・超敏感肌の方

・妊娠中の方

・最近レーザー治療やケミカルピーリングを受けられた方

・激しい日焼けのあとが見られる方

 

などは、ハーブピーリングを受けられないこともあります。

自分が受けられるかどうかしっかり担当者と相談するようにしましょう。

まとめ

本日は「ハーブピーリング」についてご紹介しました。

 

ハーブピーリングは5日間ほどのダウンタイムがありますが、それを乗り越えればつるんと向きたてのゆで卵肌に。

 

いままで普通のピーリングでは目立った効果を感じられなかった方、韓国人のようなツルツル肌を目指す方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

<参考URL>

・海綿屋 http://tennen-sponge.com/kaimen/kaimen1.html

・MICROLABO https://microlabojapan.com/free/spongilla

・リュドール http://viell.jp/peeling

・スポンジアとは? http://hachimon120.hatenablog.com/entry/2019/04/02/000711

掲載日:

CATEGORY