VIOを自分でキレイに整えるには?チクチクしない除毛法を紹介!

最終更新日:
VIOを自分でキレイに整えるには?チクチクしない除毛法を紹介!

女子にとって尽きることのない「ムダ毛」のお悩み。

 

そんなムダ毛の中でも特に厄介なのが「VIO」

 

アンダーヘアーをどうしているのかなんて、

仲の良い友達でもなかなか聞きづらいものがありますよね。

 

「他の人がどうしているか分からないから、

自分もどうやってケアすればいいのか分からない!」

 

という方も多いのでは?

 

剃るとチクチクするし、

脱毛クリームはひりひりするし。

 

もうどうすればいいのか分からないですよね。

 

本日は、そんな迷える女子のために、

アンダーヘアーの正しい処理方法についてご説明したいと思います。

今さら聞けない!そもそもVIOって何?

今さら聞けない!そもそもVIOって何?

最近よく聞くようになった、この「VIO」という言葉。

 

脱毛の広告などで見かけることも多いかもしれませんが、

この意味、ちゃんと理解していますか?

 

VIOとは、デリケートゾーンの部位を意味しています。

 

Vは、いわゆる「ビキニライン」のこと。

両脚の付け根から腰の下あたりまでの「逆三角形」の部分を指します。

正面から見た時に、ショーツで隠れている部分です。

 

Iは、「女性器の周囲」のことです。

下から見た時に、ショーツで隠れている部分を指します。

 

Oは、「肛門周り」のことです。

 

これが基本的なVIOの定義になりますが、

クリニックやエステによっては、

VIOが指す範囲の解釈などが微妙に異なります。

レーザー脱毛を受ければ、自己処理も必要なくなる?

最近は、レーザー脱毛や光脱毛が普及したおかげで、

気軽に脱毛を受けられるようになりましたよね。

 

実際、これを読んでいる方の中にも

「エステやクリニックで脱毛したことがある!」

という方はとても多いのではないでしょうか。

 

ひと昔前なら、レーザー脱毛はかなり高額だったので、

一部の限られた人しか受けることができないものでした。

 

現在はそういったものが一般的になり、

安価で受けられるようになりました。

 

本当に良い時代に生まれたものです…。

 

レーザー脱毛や光脱毛を繰り返し受けると毛そのものが減っていくため、

だんだん自己処理が必要なくなっていきます。

 

自分でわざわざ剃ったり抜いたりする必要がなくなるなんて、

本当に最高ですよね。

 

もちろん、VIOもそうです。

レーザー脱毛や光脱毛なら、受けるごとに毛が減っていくので、

最終的には自己処理がほとんど必要なくなっていきます。

行く手を阻むVIO脱毛の「ハードル」とは

そういうと、

 

「私もレーザー脱毛で毛をなくしたい!」

 

と思う方も多いかもしれませんね。

実際、すでにVIOの脱毛を行っている方も多いかもしれません。

 

しかし、VIOの脱毛には、

いくつかのハードルが待ち構えています。

 

これらの障害を乗り越えた者のみが、

美しいVIOを手に入れることができるのです。

 

では、レーザー脱毛や光脱毛でVIOを受けるうえでの

「ハードル」とは一体何なのでしょうか?

VIO脱毛のハードル(1) 恥ずかしい

レーザーや光でVIOを脱毛する際のハードルその一。

 

それはなんといっても「恥ずかしい」

この一言に尽きるのではないでしょうか。

 

これが原因で、

VIO脱毛をためらっている方も少なくないかもしれませんね。

 

クリニックやエステでVIO脱毛をする際、

施術してくださる看護師さんやスタッフの前で

下半身を脱いであられもない姿にならなければいけません。

 

もちろんVIOを脱毛するので仕方のないことですが、

同性とはいえ生身の人間に見られるというのはとても恥ずかしいものですよね。

VIO脱毛のハードル(2) 何回も通わないといけない

VIOの脱毛するうえでのハードルふたつめは、

「何回も通わないといけない」ということです。

 

レーザーや光での脱毛で、

自己処理が必要ないレベルまで毛を減らすためには、

何回も通わなくてはいけません。

 

たとえば、完全にツルツルにしたい場合、

 

クリニックなら、約10回以上

エステなら、約18回以上

 

も通わないといけないと言われています。

 

これは目安であって、

毛が濃い場合や、機械の出力などによっては、

もっと回数が必要な場合もあります。

 

完成までは長期間かかるので、気長に頑張る必要があります。

VIO脱毛のハードル(3) お金がかかる

なんといっても忘れてはいけないのが、そのお値段

 

ピンからキリまでですが、完了までに

約10~20万ほどかかります。

 

完了すれば自己処理から解放されるとはいえ、

お安い金額ではありません。

 

エステやクリニックでVIO脱毛を受ける場合は、

お財布と相談する必要があります。

VIO脱毛のハードル(4) 痛い

クリニック・エステでの脱毛は、

光やレーザーによって毛根に熱ダメージを与えて破壊する、

という脱毛法です。

 

機械の種類、出力、肌質、毛質などによって異なりますが、

施術には痛みが伴います。

 

特に、VIOは他のパーツよりも毛が濃い部位。

 

レーザーや光は毛が太ければ太いほど反応しやすくなるので、

痛みが強くなりがちです。

 

痛みに弱いという方は、覚悟しなければなりません。

VIOはセルフ処理するのもアリ?

VIOはセルフ処理するのもアリ?

このように、VIOの脱毛にはさまざまな障害が伴います。

 

これらのハードルを見事クリアできた者だけが、

自己処理から解放されるのです。

 

これを読んで

 

「私はやっぱり自己処理でも良いかも…」

と思われた方も多いかもしれませんね。

 

VIOは、ポイントを押さえればきれいに整えることができます。

 

もちろん、「脱毛」ではなく「除毛」なので、

数日たてば生えてくる、というデメリットはありますが、

処理の方法を覚えておくだけでいざというときも心強いものです。

 

それでは早速、VIOのセルフ処理法を解説したいと思います。

VIOセルフ処理のポイント(1)アンダーヘア用のシェーバーがあると安心

VIOセルフ処理のポイント(1)アンダーヘア用のシェーバーがあると安心

アメイズプラス / ラブ ジョリー シークレット

※画像はAmazon公式ショップより引用

 

VIOセルフ処理にまず必要なものは「カミソリ」

 

慣れてきたら普通のカミソリでもキレイに剃れるかもしれませんが、

初めての方にとっては少し不安ですよね。

 

Vラインはまだしも、

IラインとOラインは見ながら剃ることができないので、

失敗したら怪我をしてしまう可能性もあります。

 

「うまく剃れる自信がない…」という方は、

VIOに特化したシェーバーを使いましょう。

 

おすすめは、「ラブジョリーシークレット」

 

小回りのききやすい、21mmのヘッドで、

剃りづらいIライン、Oラインも綺麗に除毛することができます。

 

さらに、刃がお肌に直接触れない仕様になっているので、

初心者の方でも安心して使うことができます。

 

ただし、安全性が高い分、深剃りをすることはできません

しっかり深剃りしたい方は、一般的なカミソリを使う必要があります。

VIOセルフ処理のポイント(2)I・Oラインの除毛は「ヤンキー座り」で

IラインとOラインの部分は、

脚とおしりで谷間になっているため、剃るのが難しいですよね。

 

上手に剃るためには、しっかりと開く必要があります。

 

最もオススメの体勢は「ヤンキー座り」

もしくは「和式トイレにしゃがむ時の体勢」と言った方が分かりやすいでしょうか。

 

立った状態よりも、しゃがんでいる状態の方が、

谷間になっている部分をしっかりと開くことができるので、

きれいに除毛しやすくなります。

 

「今までIラインとOラインがうまく剃れなかった…」

という方は、ぜひお試しください。

VIOセルフ処理のポイント(3)Vラインは形を整え、梳く

VIOセルフ処理のポイント(3)Vラインは形を整え、梳く

アメイズプラス / ラブジョリー

※画像はAmazon公式ショップより引用

 

VIOセルフ処理のお悩み第一位、それは「チクチク」

 

毛が太い部位だということもあり、

中途半端に伸びてくるとチクチクしてしまうんですよね。

 

Vラインは、特にチクチクしやすい部位。

今回は、チクチクしない除毛法をご紹介したいと思います。

 

まず、カミソリなどでVラインの形を整えます。

この時、あまり剃りすぎるとチクチクしやすくなるので、

欲張って剃りすぎないのがポイントです。

 

その後、毛が生えている部分を「梳く」という作業をします。

つまり、量感を減らすということです。

 

そこで活躍するのが、「ラブジョリー」です。

ラブジョリーは、Vラインの毛を梳くためのアイテム

 

切るのではなく、削ぐように毛を除毛してくれるので、

毛先が細くふわふわした状態になり、チクチクしません

 

使い方は簡単。

毛の先端を手で持ち、くしで梳かすようにラブジョリーを滑らせるだけ。

 

これだけでどんどん毛が削がれていき、簡単にボリュームダウンすることができます。

 

「梳く」という工程を知っているだけで、

Vラインの除毛はとてもやりやすくなりますよ。

まとめ

本日は「VIOの自己処理」についてご説明しました。

 

VIOを自分で除毛するのは難しいイメージがありますが、

ちょっとした工夫と専用のアイテムを使えば、

きれいに整えることができます。

 

エステやクリニックに頼らずとも、

美しいVIOを手に入れることは可能。

 

今まで処理を諦めていた方は、早速今日からお試しください。

 

<参考URL>

・VIO脱毛の教室 https://datsumos.com/vio/kaisu-kikan/

・ラブジョリー http://love-jolie.com/

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY