お酢の力でサラサラ髪になると話題の【BCL ビネガーデン ウォータートリートメント】を徹底解説!成分やメリットもご紹介。

最終更新日:
お酢の力でサラサラ髪になると話題の【BCL ビネガーデン ウォータートリートメント】を徹底解説!成分やメリットもご紹介。

※画像:BCL公式ビネガーデン ウォータートリートメント(https://www.bcl-brand.jp/product/product-43122/)

 

近年のウォータートリートメントブームによってさまざまな商品が登場してますが、「お酢と果実の力で髪をさらさらにする」という一風かわったコンセプトで話題になっているのがこちら、BCLのビネガーデン ウォータートリートメント

 

本日はこちらの商品の特徴や、「どんな成分が配合されているの?」といった疑問に答えていきたいと思います。

 

ウォータートリートメントのおすすめ、効果、使用法、種類等についてはこちらを参照。

BCL ビネガーデン ウォータートリートメントの特徴

1.水ベースのウォータートリートメント

こちらでも紹介しましたが、ウォータートリートメントの種類には「水+保湿成分」ベースのものと「オイル+保湿成分」ベースのものがあります。

 

BCL ビネガーデン ウォータートリートメントは「水+保湿成分」ベースなので、サラサラとしたテクスチャーで、髪になじみやすいという特徴があります。

2.ミクロのシルク成分を配合

ミクロのシルク成分が、髪に素早く浸透してダメージをケア。

シルクのようにサラサラな髪へと導きます。

3.お酢とハチミツを配合

お酢とハチミツが開いてしまったキューティクルをぴたっと密着させ、潤いを髪の中に閉じ込めてくれる効果が期待できます。

4.待ち時間ゼロ

髪の毛に素早く馴染んでくれるため、塗布した後にすぐ洗い流してもOK。

忙しい現代人には大助かりですね。

5.10のフリー処方

髪や頭皮のことを考えて、シリコン・サルフェート・パラベン・TEA・ベンゾフェノン・ベンジルアルコール・着色料・タルク・鉱物油・合成酸化防止剤が無配合となっています。

BCL ビネガーデン ウォータートリートメントの全成分一覧

水、グリセリン、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、エタノール、セトリモニウムクロリド、酢、カニナバラ果実エキス、キイチゴ果実エキス、セイヨウミザクラ果実エキス、センチフォリアバラ花エキス、ダイズステロール、ツバキ花エキス、ハチミツ、プロパンジオール、ポリクオタニウム-10、リンゴ果実エキス、BG、γ-ドコサラクトン、イソステアロイル加水分解シルクAMP、クエン酸、クエン酸Na、クオタニウム-18、ポリクオタニウム-65、ポリソルベート80、PG、サリチル酸Na、フェノキシエタノール、ベヘントリモニウムクロリド、香料

引用元:BCL公式ビネガーデン ウォータートリートメント

BCL ビネガーデン ウォータートリートメントのメリット・デメリット

そんなBCL ビネガーデン ウォータートリートメントのメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット

コスパが良い

時短になる

成分にこだわっている

水ベースなので髪に馴染みやすい

フルーティーで甘い香り

デメリット

慣れないと難しい

ややきしみ感がある

BCL ビネガーデン ウォータートリートメントの取扱店

全国のバラエティショップ・コスメショップ・公式サイト等から購入することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、お酢の力でサラサラ髪を目指す「BCL ビネガーデン ウォータートリートメント」について徹底解説いたしました。

 

BCL ビネガーデン ウォータートリートメントはお値段もリーズナブルで入手しやすい商品となりますので、「流行りのウォータートリートメントを試してみたい」という方はぜひチャレンジしてみては?

 

ウォータートリートメントのおすすめ、効果、使用法、種類等についてはこちらを参照。

掲載日:

CATEGORY