まさかの?あえての?キャリアダウンのメリット・デメリット

最終更新日:
まさかの?あえての?キャリアダウンのメリット・デメリット

誰でも社会人になって数年間は、常に上を目指す日々を送ってきたと思います。30代になり、さらなるキャリアアップに挑戦しようと考えている人もいるでしょう。

一方で、キャリアダウンせざるを得ない人も出てきます。特に女性は、結婚や出産などのライフイベントで岐路に立たされる人が多いです。

キャリアダウンはネガティブな印象があるかもしれませんが、決して悪いことばかりではありません。

むしろ、自分らしく生きていくための第一歩になる可能性もあるのです。

今回はキャリアダウンのメリットとデメリットをご紹介します。

マイナスだけじゃない?キャリアダウンとは

華々しいイメージがある「キャリアアップ」とは対照的に、「キャリアダウン」はあまり良い印象を持たれない言葉です。

今まさにキャリアダウンの可能性に直面している人は、ずーんと暗い気持ちを抱えているかもしれません。

確かにキャリアダウンは、やむを得ない事情で起こる「まさか」の出来事であることも多いですが、自分の希望を叶えるために「あえて」選択する人もいます。

今回はプラスとマイナス両方の側面からキャリアダウンを見ていきたいと思います。

まずキャリアダウンはどのような状態を指すのかをおさらいしておきましょう。

キャリアダウンは地位が下がること

キャリアダウンは簡単に言えば、今よりも地位の低い仕事に就くことです。

たとえば、中小企業から大企業に転職した場合は「キャリアアップ」と言われますが、逆に、大企業の社員が中小企業に転職した場合は、「キャリアダウン」になります。

同じ会社の中でも起こるケースを挙げれば、正社員が、派遣社員やパート・アルバイトなどになる場合です。

キャリアダウンはやむを得ない事情も多い

キャリアダウンのきっかけは人それぞれです。

勘違いしている人もいると思いますが、キャリアダウンは決して仕事への怠慢や実力不足の結果などではありません。やむを得ない事情でキャリアダウンせざるを得ない人も多いのです。

家庭の事情で今の仕事を続けられなくなったり、仕事の量を減らす必要が生じたりして、キャリアダウンせざるを得ないこともあります。

30代になると、親の介護や出産・育児など、会社の仕事以外に自分の時間や労力を使わなければならない場面が増えていきますよね。

身体的にも、若い時ほど無理がきかなくなっていきます。病気やケガで仕事を離れざるを得ないこともあるかもしれません。

今の仕事や働き方を続けることが難しくなり、キャリアダウンせざるを得なくなる可能性は、誰にでもあるのです。

キャリアダウンは選択肢の1つでもある

やむを得ない事情でキャリアダウンしてしまうことがある一方で、キャリアダウンは働く人の選択肢でもあると思います。

確かに、仕事でより高い地位に就けば、高い収入を得られる、仕事の幅や規模が大きくなるなどのメリットがあります。

その一方で、仕事のプレッシャーが大きくなる、勤務時間が増えるなど、負担が増える可能性もあるのです。

仕事は生きていく上で重要な営みではありますが、人生には仕事以外にもたくさん大切なことがあります。

あまりにも仕事に縛られて、自分のしたいことがまったくできていないのは、むなしいと思いませんか?

働き方は生き方にも大きな影響を与えます。

「仕事のプレッシャーを軽くしたい」「プライベートの時間を増やしたい」など、働き方を見直したいと思った時、キャリアダウンも選択肢の1つに入れてもいいのではないでしょうか。

掲載日:

CATEGORY