彼に見られたくない『デリケートゾーンの黒ずみ』…。黒ずみの原因や対策、今イチ押しのおすすめアイテムもご紹介

最終更新日:

デリケートゾーンの黒ずみ対策にはどんなことをすればいい?

デリケートゾーンの黒ずみ対策にはどんなことをすればいい?

デリケートゾーンの黒ずみを軽減するためには、普段どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

 

簡単に実践できる方法をいくつか見ていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみ対策1:洗いすぎに注意!

前述のとおり、デリケートゾーンの洗いすぎは、黒ずみの原因になります。

デリケートゾーンは、身体の他の部位と同じようにボディソープでゴシゴシ洗うのは逆効果なのです。

 

また洗浄便座で頻繁に洗うことも、皮膚の薄いデリケートゾーンには刺激が強すぎます。

 

デリケートゾーンは繊細なため、本来なら水洗いで十分な箇所。

気になる場合は膣内の酸性に近いpHのものや、弱酸性のものなど、デリケートゾーン専用の石鹸を使い、強い刺激を与えないようにしましょう。

 

石鹸を使って丁寧に泡立て、手が直接触れないくらいの優しさで洗うのが鉄則。

とにかくゴシゴシと洗うのは禁物です。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策2:通気性の良い下着を着用しよう

デリケートゾーンの黒ずみ対策2:通気性の良い下着を着用しよう

下着や衣類の締め付けは、摩擦の原因に。

そのため、身体のサイズにぴったり合う洋服選びを心がけたり、通気性の良い下着を着用するようにしましょう。

 

アクリルやポリエステルなどの化学繊維を使ったものは、なるべく避けるのが吉。

シルクやコットンなどの天然素材を使ったものがおすすめです。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策3:お風呂上がりは乾燥対策を習慣に

お風呂上がりに顔や身体の乾燥対策を行う女性は多いのではないでしょうか。

パックをしたり、美容液を塗ったり、クリームを塗ったり、念入りに保湿ケアをしているはず。

 

実はその保湿ケア、デリケートゾーンにも必要なのです。

私たちが気づいていないだけで、実はデリケートゾーンは乾燥しやすい部位。

デリケートゾーン専用のケアアイテムを使って、毎日保湿することを習慣にしましょう。

 

やり方はいたって簡単。

入浴時に優しくデリケートゾーンを洗ったら、タオルをポンポンと当ててデリケートゾーンの水滴を拭きます。

ゴシゴシこすらないように気をつけてください。

 

その後なるべくオーガニックで肌に優しい保湿アイテムを使って、大陰唇や小陰唇、肛門まわりに優しく塗ってください。

 

毎日の習慣にし、摩擦やムレなどでダメージをうけたデリケートゾーンをいたわってあげましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのケアアイテム

デリケートゾーンの黒ずみ対策には、やっぱり専用のケアアイテムを使うのがおすすめ。

そこで、SNSで話題となった人気のデリケートゾーン用ケアアイテムを紹介します!

 

・ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム / 株式会社ビズキ

デリケートゾーンの黒ずみにおすすめのケアアイテム

こちらは、デリケートゾーンの黒ずみのことを徹底的に考え抜いて作られた「ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム」

出典:BIZKI.STORE 公式サイト

 

うさぎが描かれた可愛らしいパッケージデザインと、ふんわり癒やされる野ばらの香りで、女性のテンションをあげてくれます。

 

お風呂上がりや朝のシャワー後など、清潔にしたデリケートゾーンに朝晩2回塗布するだけというお手軽なアイテムながら、黒ずみでお悩みの方全員に使ってほしいほどの高い品質。

ここからは、なぜハーバルラビットがオススメなのか、ということについてお話しします。

ハーバルラビットの魅力1:透明感を引き出す4つの成分を配合

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームが一般的な美白*系クリームと異なるのが、クリアなお肌に欠かせない美容成分がなんと4種類も配合されているということ!

 

その注目成分とは、

 

水溶性プラセンタエキス

ビタミンC誘導体

米ぬかエキス

ビザボロール

 

の4つ。

 

美容に詳しい方ならご存知かもしれませんが、これら4つは透き通るような肌へ導いてくれる成分として近年特に注目されています。

そんな贅沢な成分を自社の独自バランスによって配合しているので、デリケートゾーンの頑固な黒ずみにアプローチすることができるのです♡

 

特にビタミンC誘導体、水溶性プラセンタは厚生労働省にも認可されているお墨付きの美白*成分である、ということが信頼できるポイントです。

 

 

また肌荒れを防いでくれる「グリチルリチン酸2K」も配合しているので、ニキビなどの肌トラブルにも対応できる優秀さです。 

 

ハーバルラビットの魅力2:敏感肌の方でも使える優しい配合

ハーバルラビットの魅力2:敏感肌の方でも使える優しい配合

出典:BIZKI.STORE 公式サイト

 

効果と同時に「お肌への優しさ」も気になるところですよね。

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、敏感肌さんでも使いやすい成分配合になっているのが注目ポイント。

 

たとえば、次のような成分は完全無添加となっています。

 

石油系界面活性剤

着色料

エタノール

紫外線吸収剤

 

赤ちゃんのお肌にも使えるほど成分にこだわっているので、他社のデリケートゾーン用クリームが合わなかった方も試してみる価値はあるかもしれません。

 

ハーバルラビットの魅力3:ISOマーク取得の国内工場で生産

敏感なデリケートゾーンに使う商品は、その信頼性が気になるもの。

なるべくなら国産で、安全性が保証されたものを使いたいですよね。

 

その点、ハーバルラビットナチュラルゲルクリームはとっても安心!

品質管理の国際資格であるISOマークを取得している国内の工場で製造されているのです。

 

厳しい審査基準をクリアした商品なので、安心して使えます。

 

ハーバルラビットの魅力4:デリケートゾーン以外の場所にも使える!

ハーバルラビットナチュラルゲルクリームは、デリケートゾーン以外の部位にも安心して使うことができます。

 

たとえばお尻やワキ、乳首やヒジ、ヒザなどは特に黒ずみが発生しやすい部位。

デリケートゾーンのお手入れをするするついでに他のパーツも美白ケアできるので一石二鳥です♡

 

パーフェクトなデリケートゾーンで愛される女に♡

パーフェクトなデリケートゾーンで愛される女に♡

女性の大敵・デリケートゾーンの黒ずみ。

人目に触れる箇所ではないものの、黒ずみができると気持ちが落ち込んでしまいます。

 

でも、デリケートゾーンの黒ずみは原因を知り、適切なケアをすることで撃退可能です。今日から正しいケアを行って、大好きな彼に愛されるデリケートゾーンを手に入れましょう♡

記事監修者

キレイスタイル編集部

コスメコンシェルジュ 小笠原 駿

記事監修者

■取得資格

 

日本化粧品検定1級 / コスメコンシェルジュ

 

 

■主な経歴

 

前職では美容業界に従事し、化粧品販売にも携わる

 

2021年現在:美容関連記事の監修を行うと共に自らライティングも担当

関連記事

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY