脂肪を冷却して部分痩身!最先端のテクノロジー「脂肪冷却」は効果なし?

最終更新日:
脂肪を冷却して部分痩身!最先端のテクノロジー「脂肪冷却」は効果なし?

お腹痩せのために色んなダイエットを試してきたけど効果が出ない・・・。

脂肪吸引をしようかな、とも思うけど、やっぱりちょっと怖い。

 

かといってエステじゃちょっと効果薄そうだし・・・。

 

そんな方に朗報。

最近話題の「脂肪冷却施術」をご存知ですか?

脂肪冷却施術なんて、すごい語感ですよね。

 

脂肪冷却施術は、特別なマシーンによって脂肪細胞を冷やして破壊するという、画期的な部分痩身技術

 

メスを入れずに痩せられるということで、いま脚光を浴びている技術なんです。

 

「でも、脂肪を冷却するなんて危険じゃないの・・・?」

「お金はいくらかかるの・・・?」

 

なんて疑問の声も聞こえてきそうですね。

 

本日は、そんな脂肪冷却施術について詳しくお話ししていきたいと思います。

脂肪冷却施術とは?

ダイエットは女性にとって永遠のテーマ。

「痩せてもっとキレイになりたい」というのは全女性の望みですよね。

 

とはいえ、ダイエットで成功するのは、なかなか至難の業。

 

いままで数多くのダイエット法を試してみたけどイマイチ効果が出ない!

という方も少なくないのではないでしょうか?

 

「私はどんなにがんばっても痩せないんだ・・・」

そんな諦め気味の方におすすめなのが、「脂肪冷却施術」

 

脂肪冷却施術とは、その名の通り、「脂肪を冷却する」施術のこと。

 

水は0℃で、血液は-18℃で凍りますが、脂肪細胞はなんと4℃で凍ります。

 

この特性を生かし、脂肪細胞のみにダメージを与えられる温度で冷却します。

冷却された脂肪細胞は壊死して老廃物となり、数カ月かけて徐々に排出されていくのです。

結果的に、部分痩身が可能となります。

脂肪冷却施術の施術の流れは?

脂肪冷却施術を行う際の流れは、クリニックやエステによって異なりますが、大まかな流れは以下の通りです」。

 

・カウンセリング(痩せさせたい部位などを相談)

・治療部位にジェルを塗る

・ハンドピースを装着し、施術開始

・施術終了後、マッサージ

 

施術は約1時間前後で完了します。

痛みなども特にないため、「私は痛みに弱いから心配・・・」という方にもおすすめです。

 

施術後のマッサージは、血液の滞りを解消するために行います。

脂肪冷却施術を行える場所は?

そんな脂肪冷却施術を行えるのは、美容外科のようなクリニックや、エステティックサロンです。

クリニックとエステでは、使用している機器が異なります。

 

クリニックの場合、医師免許が必要な機器を使用していますが、エステの場合、医師免許が必要ないエステ用の機器を使用しています。

 

そのため、効果もクリニックのものと比べると穏やかな傾向があります。

ハンドピースには「カップ」と「プレート」がある

脂肪冷却マシンに使われるハンドピースには、「カップタイプ」「プレートタイプ」の2種類があります。

機種によって、カップなのかプレートなのかが異なります。

 

カップタイプとプレートタイプの特徴はそれぞれ下記の通りです。

カップタイプ

カップタイプは、痩せさせたい部位にカップを当て真空吸引しながら冷却を行います。

吸引して冷却することで、効果的にアプローチすることができます。

 

ただし、カップの大きさにも限りがあるので広範囲を一度で行うのができないのと、吸引によってお肌への刺激を感じてしまうことがあるというデメリットがあります。

人によってはうっ血やたるみなどの副作用が生じてしまう場合もあるようです。

 

脂肪組織の厚い「ウエスト」「お腹周り」など、強力に部分痩身したい部位にオススメなタイプです。

プレートタイプ

プレートタイプは、プレートを施術したい部位に当てることで冷却する方法です。

基本的に4つのプレートがあり、同時に複数の部位を施術することが可能です。

 

カップタイプのように吸引するわけではないので、お肌が弱い方にもオススメの方法。

 

広範囲を冷却できるので、背中などの部分痩身にも向いています。

脂肪冷却施術の機械の種類は?

脂肪冷却施術の機械の種類は?

現在、脂肪冷却施術に使われている機械は多数あります。

クリニック用とエステ用それぞれで使われている機械の種類をご紹介したいと思います。

クリニックで使われている脂肪冷却機器の種類

(1)クールテック

 

ハンドピースタイプ:カップ

 

クールテックは、スペインのコクーン社によって製造されている脂肪冷却マシンです。

吸引する圧力を自動調整し、最適な状態にしてくれる、という特徴があります。

 

ハンドピースの大きさも複数あるため、顔から体まで、部位に応じて効率よく施術することができます。

 

(2)クールスカルプティング

 

ハンドピースタイプ:カップ

 

アメリカのゼルティック社が製造しているのが、「クールスカルプティング」と呼ばれる脂肪冷却マシンです。カップを使った脂肪冷却になります。

 

クールスカルプティングは、脂肪冷却の王様とも言えるマシン。

脂肪冷却の先駆けとなった機種で、今でも全世界で使われています。FDAの承認を受けています

 

(3)フリーズファット

 

ハンドピースタイプ:カップ

 

フリーズファットは、スペインのBECO社の脂肪冷却マシン。

クリニックで使用されているのが「フリーズファット」、エステで使用されているのが「フリーズファット4」と呼ばれるものです。

 

フリーズファットは吸引機がひとつ、フリーズファット4は吸引機がふたつなので、2か所を同時に施術することが可能です。

 

フリーズファットはすでにヨーロッパの多くの機関で採用されています。

エステで使われている脂肪冷却機器の種類

(1)クリオ(CRY-O)

 

ハンドピースタイプ:プレート

 

スペインのSORISA社によって製造されているのが「クリオ」です。

 

クリオは、脂肪冷却に加えて「振動マッサージ」も搭載した優れた脂肪冷却マシンです。

振動マッサージによって、脂肪が分解されるのを促進したり、冷たさを緩和する効果があります。

 

プレートの表面にはコーティングがされているため、お肌に直接触れないのが嬉しいポイント。お肌が敏感な方にも向いています。

 

(2)クライオミュー(cryo-μ)

 

ハンドピースタイプ:カップ/プレート

 

クライオミューは、日本のWAARMラボラトリー株式会社によって製造されている日本製脂肪冷却マシンです。

 

カップとプレートどちらにも対応している、数少ない機器です。

カップの大きさも複数から選べるので、部位を選ばずに部分痩身することが可能です。

 

また、クライオミューに特徴的なのが「ヒーティング機能」

一度お肌を42~45℃まで温め、その後一気に冷却するので、お肌への負担を軽減することができます。

脂肪冷却施術のメリットとデメリットは?

このように、画期的なテクノロジーを利用した脂肪冷却施術ですが、お金を払ってやるからにはちゃんとしたメリットがないとやりたくないですよね。

 

ここからは、脂肪冷却施術のメリットデメリットを見ていきたいと思います。

メリット

(1)部分痩身に向いている

 

まずはメリットから。

脂肪冷却においてまず挙げられるのは「部分痩身」することができることです。

 

ダイエットをしていると、「痩せすぎて胸まで痩せてしまった」なんて話はよく聞きますよね。

 

脂肪冷却の場合は気になる部位だけをピンポイントで部分痩身できるため、胸などとっておきたい部位の脂肪には影響を及ぼしません。

 

(2)リバウンドしづらい

 

続いて挙げられるのは、「リバウンドしづらい」ということ。

 

普通のダイエットでは、脂肪細胞を「小さく」するだけで、その数を減らすことはできません。そのため、サボればまたすぐにリバウンドしてしまいます。

 

一方、脂肪冷却施術では、脂肪細胞を壊死させて排出するので、数自体が少なくなります。

 

そのため、リバウンドしづらいという嬉しいメリットがあるのです。

 

(3)メスを入れなくてすむ

 

脂肪吸引の場合、皮膚にメスを入れなくてはいけないので、多かれ少なかれ傷跡が残ってしまうことがあります。

 

一方、脂肪冷却はメスを入れなくて済むので、傷跡が残りません

デメリット

(1)お金がかかる

 

続いてはデメリットについても見ていこうと思います。

まず挙げられるのが、なんといってもやはり「お金がかかる」ということ。

 

エステとクリニックでも相場が異なりますが、

エステの場合、1回約1万~5万、クリニックの場合、1回約10万円前後かかります。

 

脂肪冷却で溶かすことができる脂肪は約2割程度と言われているので、目に見えた効果を期待するなら3~5回は通う必要があります。

 

そう考えると、エステにしろクリニックしろ安いお値段ではありません。

 

(2)脂肪減少に1か月ほどかかる

 

脂肪を冷却したすぐ直後から効果が見えるわけではありません。

 

ダメージを受けた脂肪細胞は、1か月ほどかけて徐々に排出されていきます。

待たなければいけない、というのがデメリットのひとつとして挙げられるかもしれません。

 

(3)肌トラブルの可能性も

 

人によっては、施術後に赤みやたるみなどの副作用を感じる場合があります。

 

また、模倣マシンを使用していたり、悪質なエステによって施術されてしまった場合、やけどや水ぶくれなどの原因ともあるので、必ず信頼できるエステやクリニックにかかるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は「脂肪冷却」についてお話ししました。

 

お値段は張りますが、メスを入れずに脂肪を溶かすことができる、画期的な施術法。

 

今までダイエットで失敗してきた方は、医師に相談してみてはいかがでしょうか?

 

<参考URL>

・SELECT CLINIC https://selectclinic.jp/tips/fat-cooling/

・みんなの脂肪冷却ナビ https://coolsculpting-navi.com/62/

・クールスカルプティングの費用と効果を比較

https://coolsculpting.tokyo/?page_id=123

掲載日:
最終更新日:

CATEGORY