IPLにはどんな種類がある?機器の特徴や効果をご紹介

最終更新日:
IPLにはどんな種類がある?機器の特徴や効果をご紹介

「IPLは種類が多すぎて、どれが自分に合うか分からない」「それぞれのIPLの特徴を知りたい」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

IPLはシミ、そばかす、ニキビ跡、毛穴の開きなど、幅広い肌悩みに効果が期待できる施術です。

 

しかし、光の波長によって効果が異なり、多くの種類、名前があります。 IPLに興味はあっても、自分の肌悩みに合う種類が分からない方も少なくないかもしれません。クリニックによって対応している波長も違いますので、クリニック選びの時点である程度の特徴を知っておく必要があります。

 

本記事ではIPLの種類とそれぞれの特徴を分かりやすく解説します。自分の肌悩みに合ったIPLを見つけてください。

【まず知っておきたい】IPLとは

【まず知っておきたい】IPLとは

そもそもIPLとはどのような原理、治療法なのでしょうか。

ここでは、まず知っておきたいIPLの基本をお伝えします。

IPLとは特殊な光を当てて、シミやニキビ跡などの肌悩みを解消する治療法

IPLは、光治療とも言われ、Intense Pulsed Lightという特殊なライトを肌に当てることでシミやそばかす、ニキビ跡などの幅広い肌悩みを解消する治療法です。

レーザーには波長が異なる多くの種類のものがあり、ご自身の肌悩みに合わせた波長のレーザーを使用します。IPLは、560〜1200nmと照射できる範囲が広く、波長を調整すれば幅広い肌悩みを解決できます。

IPLの仕組み

ここでは、IPLを照射することでどのようにシミやニキビ跡が無くなっていくのか?といった仕組みをお伝えします。

 

まず、シミやそばかすについてです。IPLをシミやそばかすに当てると、メラニン色素が刺激され、少しずつ分解、皮膚表面に押し出されます。そして肌のターンオーバーのタイミングで老廃物として剥がれ落ちます。

ニキビ跡は、ニキビの元となるアクネ菌に届くようIPLを照射することで、アクネ菌の殺菌、ニキビ跡の除去につながります。

レーザーとの違い

シミやそばかすの治療法として、レーザー治療も主流な療法のひとつです。

そのレーザーとIPLの違いは、波長と照射時間になります。

 

レーザーの場合、1つの機械で出せる波長が決まっていますが、IPLであれば幅広い波長の出力が可能です。

IPLは1つの機械でもフィルターを変えれば幅広い肌悩みに対する波長が出力でき、さまざまな悩みに対応可能なのが特徴です。

IPLの種類と効果

ここからは、IPLの種類についてご紹介します。

M22

メーカー

 

ルミナス社

 

波長

 

560〜1200nm

 

特徴や効果

 

M22は、厚生労働省の承認を受けており、多くのクリニックで取り扱いがある機器です。標準で6つのフィルターがあり、シミや肝斑、そばかす、美肌に効果が期待されます。スピーディーな照射が可能で、従来より短時間での施術が可能です。

ステラM22

メーカー

 

ルミナス社

 

波長

 

560〜1200nm

 

特徴や効果

 

M22の進化版です。最大9つの波長を選べるフィルターがあり、シミやくすみ、ニキビ跡、赤ら顔など幅広い悩みに効果が期待できる機器。それぞれの肌の状態に合った治療が可能。

515nmという波長が搭載されたことで、より薄いシミ・そばかすにも対応できるようになりました。

ライムライト

メーカー

 

キュテラ社

 

波長

 

520〜1100nm

 

特徴や効果

 

日本人医師とキュテラ社の共同開発によって作られたライトライムは、日本人の肌質を考えて開発されました。シミやそばかす、毛穴の開き、くすみなど、幅広い肌の悩みの効果を発揮しますが、日本人に多く見られる薄いシミの治療に特に効果が期待できます。

アキュチップ

メーカー

 

キュテラ社

 

波長

 

500〜635nm

 

特徴や効果

 

最新の医療機器であるアキュチップは薄いシミに効果的、また照射スポットが小さいことから鼻まわりなどピンポイントで照射できる点が特徴です。従来の機器では難しかった薄いシミやそばかすでも治療を行えます。

サイトンBBL(フォトブライト)

メーカー

 

サイトン社

 

波長

 

400〜1000nm

 

特徴や効果

 

アメリカの大手メーカーであるサイトン社が開発した IPL機器です。7種類のフィルターと3種類のアダプターがあるので、シミやそばかす、毛穴の開き、ニキビ跡などの悩みを同時にケアできる点が魅力です。

フォトRF(オーロラ)

メーカー

 

シロネン社

 

波長

 

フォトRFオーロラ(SR):580〜980nm

フォトRFオーロラPRO(SRA):480〜980nm

 

特徴や効果

 

フォトRF(オーロラ)と他の機器との違いは、光が届かない深層まで熱を与え、コラーゲンの生成を促進する点。他の機器より美白への効果が高いので、 IPLでシミやそばかすの悩みを解決しながら美白を目指したい方におすすめです。また、毛穴開きの改善にも効果が期待されます。

まとめ

まとめ

IPLは、肌の悩み別に光の波長を変えることでシミや毛穴の開き、ニキビ跡などさまざまな肌悩みへアプローチし、改善させる効果が期待できる治療法です。

クリニックによって使っている機器が異なるため、自分の悩みを解消できる機器があるクリニックを探して、カウンセリング予約を行ってください。

自分に合うIPLの治療法を理解し、肌悩みを解決しましょう。

掲載日:

CATEGORY