【ここまできた?!】切らない最新リフトアップ治療3選

最終更新日:
【ここまできた?!】切らない最新リフトアップ治療3選

「げっ、私ってこんなにたるんでたっけ・・・?」

 

しっかりスキンケアしているはずなのに、鏡を見た時にふと気づくエイジングの影。

たるみがあると見た目年齢も一気に上がってしまうので、本当に嫌ですよね。

 

「もう歳だし仕方ないか・・・」

 

なんてあきらめ気味のそこのアナタ!

いえいえ、落胆するのはまだ早い!

 

現代はさまざまなテクノロジーの進歩により、簡単にリフトアップできる美容治療が続々と登場しているのです。

 

メスも必要なしで、ダウンタイムも少ない!

本日は、そんな夢のような最新リフトアップたちをご紹介していきます。

リフトアップするには切るしかない?

「いつまでも若々しくいたい」

それは古今東西変わらぬあらゆる女性の夢ですよね。

そのためにみなさん毎朝毎晩貴重な時間を割いてスキンケアを行っているわけです。

 

しかし、現実はとても残酷。

日々のスキンケアの甲斐もむなしく、歳を重ねるごとに目立ってくるのが「たるみ」

 

一度たるんでしまったお肌は、スキンケアだけでなんとかするのは至難の業。

保湿効果ですこーしハリがでたように感じることもありますが、基本的にたるみを劇的に治すことはできません。

 

そうなると最後の手段として考えられるのが「美容整形」

自力で対処しきれないたるみについては、医師の力を借りるほかありません。

 

とはいえ、

「たるみの美容整形って、メスを入れて引き上げるんでしょう?」

「美しさのためとはいえ顔にメスを入れるなんて怖くてできない!」

 

そんな声も聞こえてきそうですね。

 

実際、たるみをリフトアップするにはメスを入れるしかないのでしょうか・・・?

 

ご安心ください。そんなことはありません。

現代はテクノロジーの進化により、メスを入れる必要がないリフトアップ法が続々と登場しているのです。

 

お顔の表面に傷をつけずに施術をすることができるため、ダウンタイムも以前より大幅に少なく、非常に気軽にリフトアップが受けられるようになりました。

厳選!最新のおすすめリフトアップ法とは

さて、ここからは早速、最新のリフトアップ法についてご紹介していきたいと思います。

いずれも顔にメスを入れる必要のない、画期的なリフトアップ技術です。

 

これらを知ってしまったら、いますぐクリニックに駆け込みたくなるかも?!

 

それでは早速ご紹介してきたいと思います。

最新リフトアップ(1)糸リフト

これはもうご存知の方も多いかもしれませんね。

「メスを入れないリフトアップ」のパイオニア的な治療とも言える、「糸リフト」

 

極細の特殊な針を使って糸を皮下に挿入し、たるみを物理的に引き上げるというものです。

ダウンタイムも軽度の赤み、内出血、痛みで済むことが多いため、たるみ治療として人気の高い施術法です。

 

糸リフトにしようされる糸はさまざまで、どんな糸を使うかによって効果やデメリットも変わってきます。

メジャーな糸の種類としては、次のようなものがあります。

・金の糸(ゴールデンリフト)

金の糸(ゴールデンリフト)は、純金でできている、髪の毛ほどの細さの糸です。

これを肌の中に格子状に埋め込んでいきます。

 

金の糸は、物理的に引き上げるというよりも、糸を入れることでコラーゲンやエラスチンを生み出す線維芽細胞が刺激されることで、たるみが改善するというメカニズムです。

 

しかし、この施術の効果についてはエビデンスが曖昧な点も多く、日本美容医療協会からは正式な美容医療としてみなされていません。

・ミントリフト

ミントリフトとは、挿入後1年~2年ほどかけてゆっくりと吸収されていく、溶ける糸です。

糸にギザギザがついているため、しっかりとリフトアップし、持続してくれます。

 

副作用としては、数日間にわたって腫れ・むくみ・痛みがでたりします。

また、数日~約1か月ほどは口を大きく開けたり笑ったりしたときに引きつり感を感じることがあります。

・フェザーリフト

フェザーリフトとは、生分解性ポリマーでできている、溶ける糸です。

引っ掛かりが付いているので、たるみを効率的に引き上げてくれますが、ミントリフトと比べると持ち上げ力は弱めです。

 

溶ける糸なので徐々に吸収されていきますが、その間にコラーゲンの生成が増えるため、肌を改善してくれるという嬉しい副作用もあります。

 

ダウンタイムは短めで、翌日からメイクをすることも可能です。

 

 

このように、糸リフトの糸にはさまざま種類があり、それぞれの特徴も異なります。

上記で挙げたのはほんの一例なので、自分のニーズに合う意図を探してみるのも良いかもしれませんね。

最新リフトアップ(2)HIFU(ハイフ)

糸リフトの場合はお肌の中に糸を挿入する必要がありましたが、「お肌に何も挿入する必要が無い」リフトアップ法というものも存在します。

それは「HIFU(ハイフ)」と呼ばれる治療法。

 

HIFU(ハイフ)とは、超音波による熱エネルギーよってたるみを改善する画期的な治療法です。

 

HIFUが狙うのは、皮下脂肪と表情筋の間にある「SMAS層」と呼ばれる筋膜部分。

 

加齢によってこの筋膜がゆるんでくることでたるみが起こってしまうのですが、HIFU(ハイフ)はこのSMAS層を狙ってピンポイントに熱エネルギーを与えることで、熱収縮によってたるみを引き上げます。

 

「表皮」や「真皮」にはダメージを与えず、SMAS層だけに集中的にエネルギーを与えるため、

お肌の表面が傷つかないのが嬉しいポイントです。

 

そのため、ダウンタイムも従来のリフトアップ法と比べると大幅に少ないのが特徴です。

 

また、熱ダメージを受けたお肌は、「修復しなければ!」とコラーゲンの産生を増やすため、リフトアップだけではなく、「ハリや弾力の増加」「小じわや毛穴の開きの改善」などの効果も期待することができます。

 

また、リフトアップの持続効果も高く、約1年は続くと言われています。

最新リフトアップ(3)エアージェット

リフトアップというと、通常は「顔」に対して何らかのアプローチをするのが一般的ですよね?

 

しかし、近年新たな視点からリフトアップを図る優れた最新の治療法が登場しました。

それは、「エアージェット」と呼ばれるもの。

 

エアージェットの特徴は、なんといっても「顔には手を施さない」ということ。

エアージェットがアプローチするのは、顔ではなく、なんと「頭皮」なんです!

 

「え?顔をリフトアップしたいのに、なんで頭皮?」

と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

実は、私たちの顔の皮膚を支えたり、引き上げてくれている縁の下の力持ちは、ほかでもない「頭皮」

 

加齢などの要因によって頭皮が固くなってしまうと、

お顔の皮膚を支えることができなくなってしまい、どんどんたるみやシワが増えて行ってしまうのです。

 

エアージェットは、空気圧によって高濃度のブドウ糖を含んだ薬剤を頭皮に注入します。

注入された薬剤は自然と丸い形にまとまろうとするため、縦に厚みが出て、その場でリフトアップ効果を実感することができるのです。

 

施術後すぐに、顔周りのたるみがすっきりとし、目の開きも大きくなるようです。

 

それだけではありません。

注入後、ブドウ糖により軽度の炎症が起こるのですが、それを修復するためにコラーゲンの生成が高まり、より頭皮に弾力が出て、リフトアップ効果が増していくのです。

 

その結果、さらにお顔全体のリフトアップが可能になるというわけです。

 

しかも、痛みやダウンタイムはほとんどなし。

空気圧を打つのも頭皮なので、多少赤みが出ても前髪で隠してしまえば問題なし。

通常、赤みは2~3日ほどすれば引くようです。

 

この手軽さから、お仕事終わりに受ける方も多いよう。

 

ただし、エアージェットをおこなっているクリニックはまだ少ないため、お住まいの地域によっては受けることが難しいというのがデメリットです。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日は、3つの「最新リフトアップ治療」をご紹介しました。

 

「リフトアップのためにはメスを入れなければいけない」というのは、はるか昔の話。

現在はさまざまなテクノロジーが発達したおかげで、非常に気軽にリフトアップすることが可能となりました。

 

鏡を見るたびにエイジングの影に悩まされていた方。

これを機に、思い切ってクリニックで相談してみてはいかがでしょうか?

 

<参考URL>

・DIETポストセブン https://diet.news-postseven.com/12363/2

・銀座肌クリニック https://www.hada-clinic.jp/hifu/

・ザ・フェイスリフト https://www.teachings-facelift.com/springthread/compare.html

掲載日:

CATEGORY